クリシュナムルティを読む

ゴト改め皆様の読書室

試訳リスト

「自我の終焉」の源流を尋ねて

1949年オハイ講話 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
1949年ロンドン講話 [1] [2] [3] [4] [5]
1952年マドラス講話 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
1952年オハイ講話 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

ザーネンの公開講話・対話

1969年公開対話「暴力について」 「根本的な変化について」 「見る術」 「未知に入ることについて」
1970年公開講話 [1] [2] [3] [4]
1970年公開対話 [1] [2] [3] [4] [6] [7] [8]

最初のザーネン講話

1961年 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

洞察の中への探究

「自己を知ることと教え」 「認識の終わり」 「いかに深く人は旅が出来るか」
「注意の中の行為」 「静寂と無秩序」 「劣化の要因」 「エネルギーと場の養成」
「恐怖の中心的な根」 「しゃべる心」 「中心と二重性」 「絶望の性質」
「記録、数千年の運動」 「脳細胞と全体観的な状態」 「ハートで聞くこと」

特別掲載

「あなたのすべてに優先する関心は何でしょうか」 「気づき、知覚、洞察の性質」
「生の中の聖なるもの」 「心を変える瞑想」

参考: ププル・ジャヤカール

「クリシュナムルティとの邂逅」