雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[25314] 人類の背負うもの 投稿者:ゴト 投稿日:2018/05/25(Fri) 12:57  

人類はそれまでの動物と違った身体・器官を持ち、全く違う生を生きます。動物は本能に従い生を自由に堪能するが、それは無垢の領域の中にあります。しかし人類は知恵の木の実を食べた故にもはや本能の赴くままに生きることはできません。すなわち、心・意識を持ったゆえに新しい生の秩序をつくらないと、暴力の原理が作用し始める時(戦争)、人は勝つこと、生き延びることに専心するほかはなくなるのです。古代ギリシャの都市国家は代理戦争の挙句、どのポリスもどちらかにつくよう選択を迫られ、それがまた内部抗争を生み、結局衰退・滅亡となったらしい。それは現代でも同様です。

そのような事態に陥っても敢然と真実と善と愛を説くことのできる人はソクラテスかクリシュナムルティ級の人ではないかと思います。そういう人が過半数を占めることができるかというと、戦争が始まってからでは無理でしょう。
 では平時に人類はどうしてきたかというと、実は一生懸命真、善、美を議論してきたし、言論の自由も打ち立ててきました。しかしその肝心の言論・探究が一向に進んでいるように見えない。堂々巡りしているように見える。
 例を挙げると、人格に現れ出る善は、最終的には「聖なるもの」に根拠づけられ、それは「絶対的」かつ「無限」のものであるといわれる。ま、これは神的なものの復活であり、お話しはわかりますがという事になります。しかしこんなものが上から目線で与えれれたのでは誰も従いません。こういう事で哲学は迷走しているのが現状だと思います。

動物から人類になって、本能という生きていく上の基準を失った人類がどうのように生きていくかは心の宿題として与えられました。その宿題を果たせていないことは明らかなので、やましい良心があります。そして優劣の区別が自己意識され、反感・憎悪(ルサンチマン)も心の中に分裂して形成されています。優者と劣者の分裂、葛藤。

ここで人間はどう振舞えばいいか、竹田青嗣氏はそれを論じているのですが、それは、まだ自由には私は書けません。またそのうちに書きます。


[25313] Re:[25312] [25311] [25310] [25309] [25308] 思考は画一的ではありえない 投稿者:ゴト 投稿日:2018/05/24(Thu) 23:08  

> > > > > 産まれた時間や場所、星の位置、地球の状態
> > > > >
> > > > > 発生した元の肉体や心の状態
> > > > >
> > > > > などで始めから思考の反応や癖は異なってくると思います。
> > > > >
> > > > > つまり、違う種なのです。
> > > > >
> > > > > そこに思考の自由の可能性が拓けます。
> > > >
> > > >
> > > > 星の位置となると占星術の領域で、私は知識ですら知りません。それは別として生まれた時代や場所、地球の状態や、社会の状態で肉体や心の状態、反応や癖は明らかに異なります。
> > > > ただそれは生まれて後に後天的に獲得されるものが大きいと思っています。
> > >
> > > 後天的に獲得されたというか、反応や癖の集積は
> > >
> > > クリシュナムルティがいうように
> > > 考えに考え抜いて思考という生き物がギブアップするまで考え抜いて終わりにすれば始まりに戻ります。
> > >
> > > ただその種特有の反応の仕方癖は変わらないでしょう。
> > >
> > > 違うのは意識的にそれを観察し改善していけるというところではないかなと思います。
> > >
> > > 自由が種なら反応や癖は運命ともいえますし、その逆も言えるような気がします。
> >
> >
> > 種は、生物学的には生殖ができるかどうかで決まるそうです。だから人類は種としては一つなのだそうです。
> >
> > 言語が喋れるという事で、人類の声帯は特別なのだそうですが、それも人間社会で育てられてこそらしいですね、アヴェロンの野生児はついにしゃべれなかった。
> >
>
> しかしながら、じゃべれなかったということは人間の思考の種の中に言語に対する対応力があるということなのではないでしょうか。

たぶん、幼児の時、人間相手に会話をする機会がなかったため、せっかくの会話機能が種はありながら成育せず、退化してしまったのではないかと思います。

>
> > 天才は若くして興味を持って英才教育的に育つことが必要らしい。音痴などは、ほかに方向音痴とかいろいろ種類があるようですが、そういう環境が子供の時にかけていたのかな。いや、ピアノの稽古をしてもどの子もうまくなるという事ではないから、そううまくはいかないが、心身の機能も創り出されてくるところがあるようです。
> >
>
>
> やはり思考の種の反応の仕方や癖が元来備わっているようにしか思えません。
>
> 人間の種というのは一つということでした、誤解を防ぐならば水面に落ちた石ころを中心としたさざ波のどの点に位置するかということで、一つではあるが、やはり個性はあるということだと思います。

個性があるという事はまさしく事実そのものです。種でどのくらいそれが既に形を成しているかはわかりませんが。

>
> > 人間はまだ発達段階にあり、それがどこに行くかは、自分自身で見てフィードバックしていくしかないという気になってきました。
>
>
> 個性を生かした環境つくりや、幼児段階からの反応の仕方、行動の癖などを見極めていけば、自由であり、美や愛がある社会になっていくのではと思いますが、絵空事でしょうか。。。

人間て神経質でなくアバウトでいいのではないかと思います。逆方向にあまりにもひどくいかなければ。


[25312] Re:[25311] [25310] [25309] [25308] 思考は画一的ではありえない 投稿者:南方 投稿日:2018/05/24(Thu) 12:57  

> > > > 産まれた時間や場所、星の位置、地球の状態
> > > >
> > > > 発生した元の肉体や心の状態
> > > >
> > > > などで始めから思考の反応や癖は異なってくると思います。
> > > >
> > > > つまり、違う種なのです。
> > > >
> > > > そこに思考の自由の可能性が拓けます。
> > >
> > >
> > > 星の位置となると占星術の領域で、私は知識ですら知りません。それは別として生まれた時代や場所、地球の状態や、社会の状態で肉体や心の状態、反応や癖は明らかに異なります。
> > > ただそれは生まれて後に後天的に獲得されるものが大きいと思っています。
> >
> > 後天的に獲得されたというか、反応や癖の集積は
> >
> > クリシュナムルティがいうように
> > 考えに考え抜いて思考という生き物がギブアップするまで考え抜いて終わりにすれば始まりに戻ります。
> >
> > ただその種特有の反応の仕方癖は変わらないでしょう。
> >
> > 違うのは意識的にそれを観察し改善していけるというところではないかなと思います。
> >
> > 自由が種なら反応や癖は運命ともいえますし、その逆も言えるような気がします。
>
>
> 種は、生物学的には生殖ができるかどうかで決まるそうです。だから人類は種としては一つなのだそうです。
>
> 言語が喋れるという事で、人類の声帯は特別なのだそうですが、それも人間社会で育てられてこそらしいですね、アヴェロンの野生児はついにしゃべれなかった。
>

しかしながら、じゃべれなかったということは人間の思考の種の中に言語に対する対応力があるということなのではないでしょうか。


> 天才は若くして興味を持って英才教育的に育つことが必要らしい。音痴などは、ほかに方向音痴とかいろいろ種類があるようですが、そういう環境が子供の時にかけていたのかな。いや、ピアノの稽古をしてもどの子もうまくなるという事ではないから、そううまくはいかないが、心身の機能も創り出されてくるところがあるようです。
>


やはり思考の種の反応の仕方や癖が元来備わっているようにしか思えません。

人間の種というのは一つということでした、誤解を防ぐならば水面に落ちた石ころを中心としたさざ波のどの点に位置するかということで、一つではあるが、やはり個性はあるということだと思います。


> 人間はまだ発達段階にあり、それがどこに行くかは、自分自身で見てフィードバックしていくしかないという気になってきました。


個性を生かした環境つくりや、幼児段階からの反応の仕方、行動の癖などを見極めていけば、自由であり、美や愛がある社会になっていくのではと思いますが、絵空事でしょうか。。。


[25311] Re:[25310] [25309] [25308] 思考は画一的ではありえない 投稿者:ゴト 投稿日:2018/05/23(Wed) 09:36  

> > > 産まれた時間や場所、星の位置、地球の状態
> > >
> > > 発生した元の肉体や心の状態
> > >
> > > などで始めから思考の反応や癖は異なってくると思います。
> > >
> > > つまり、違う種なのです。
> > >
> > > そこに思考の自由の可能性が拓けます。
> >
> >
> > 星の位置となると占星術の領域で、私は知識ですら知りません。それは別として生まれた時代や場所、地球の状態や、社会の状態で肉体や心の状態、反応や癖は明らかに異なります。
> > ただそれは生まれて後に後天的に獲得されるものが大きいと思っています。
>
> 後天的に獲得されたというか、反応や癖の集積は
>
> クリシュナムルティがいうように
> 考えに考え抜いて思考という生き物がギブアップするまで考え抜いて終わりにすれば始まりに戻ります。
>
> ただその種特有の反応の仕方癖は変わらないでしょう。
>
> 違うのは意識的にそれを観察し改善していけるというところではないかなと思います。
>
> 自由が種なら反応や癖は運命ともいえますし、その逆も言えるような気がします。


種は、生物学的には生殖ができるかどうかで決まるそうです。だから人類は種としては一つなのだそうです。

言語が喋れるという事で、人類の声帯は特別なのだそうですが、それも人間社会で育てられてこそらしいですね、アヴェロンの野生児はついにしゃべれなかった。

天才は若くして興味を持って英才教育的に育つことが必要らしい。音痴などは、ほかに方向音痴とかいろいろ種類があるようですが、そういう環境が子供の時にかけていたのかな。いや、ピアノの稽古をしてもどの子もうまくなるという事ではないから、そううまくはいかないが、心身の機能も創り出されてくるところがあるようです。

人間はまだ発達段階にあり、それがどこに行くかは、自分自身で見てフィードバックしていくしかないという気になってきました。


[25310] Re:[25309] [25308] 思考は画一的ではありえない 投稿者:南方 投稿日:2018/05/23(Wed) 07:09  

> > 産まれた時間や場所、星の位置、地球の状態
> >
> > 発生した元の肉体や心の状態
> >
> > などで始めから思考の反応や癖は異なってくると思います。
> >
> > つまり、違う種なのです。
> >
> > そこに思考の自由の可能性が拓けます。
>
>
> 星の位置となると占星術の領域で、私は知識ですら知りません。それは別として生まれた時代や場所、地球の状態や、社会の状態で肉体や心の状態、反応や癖は明らかに異なります。
> ただそれは生まれて後に後天的に獲得されるものが大きいと思っています。

後天的に獲得されたというか、反応や癖の集積は

クリシュナムルティがいうように
考えに考え抜いて思考という生き物がギブアップするまで考え抜いて終わりにすれば始まりに戻ります。

ただその種特有の反応の仕方癖は変わらないでしょう。

違うのは意識的にそれを観察し改善していけるというところではないかなと思います。

自由が種なら反応や癖は運命ともいえますし、その逆も言えるような気がします。


[25309] Re:[25308] 思考は画一的ではありえない 投稿者:ゴト 投稿日:2018/05/23(Wed) 06:32  

> 産まれた時間や場所、星の位置、地球の状態
>
> 発生した元の肉体や心の状態
>
> などで始めから思考の反応や癖は異なってくると思います。
>
> つまり、違う種なのです。
>
> そこに思考の自由の可能性が拓けます。


星の位置となると占星術の領域で、私は知識ですら知りません。それは別として生まれた時代や場所、地球の状態や、社会の状態で肉体や心の状態、反応や癖は明らかに異なります。
ただそれは生まれて後に後天的に獲得されるものが大きいと思っています。


[25308] 思考は画一的ではありえない 投稿者:南方 投稿日:2018/05/22(Tue) 19:13  

産まれた時間や場所、星の位置、地球の状態

発生した元の肉体や心の状態

などで始めから思考の反応や癖は異なってくると思います。

つまり、違う種なのです。

そこに思考の自由の可能性が拓けます。




[25307] Re:[25306] [25305] [25304] [25298] [25297] [25296] [25295] [25294] [25293] 心の構造 投稿者:宮啓 投稿日:2018/05/22(Tue) 16:45  

> >  それはなりゆくことではないのか。。ビカミング。
> >
> >  時間の世界ではないのか。。思考の世界ではないのか。
>
>
> ビカミングの中にいるという事は、あるべき姿、理想、それらはイメージなのですが、そういう本体があるとして、時間をかけてそれを獲得しようとする思考形態ですね。
>
> 哲学にもそれは起こりました。善という価値の担い手は「人格」であるとされる。しかし人格に現れ出る善は、最終的には「聖なるもの」に根拠づけられ、それは「絶対的」かつ「無限」の神的な人格であると言われる。
> まあ、それはそうかもしれません。ただ拒否反応も出ます。善や正義の真の本性とか真の定義についての考察は、私の考えでは言葉上の屁理屈になるのが落ちであり、避けるべきであると言った人がいます。ここまで来るのに、プラトンから21世紀までかかっているわけです。しかし人類史から見ても短すぎると言えば短い。
>
> 私はKが専門語を使わず、言葉で話し、同じことに深い関心を持つ人がよく聴くならそこに交感が起きると言っているのを信じたい。
>
> >
> >  ただ、なりゆくことから自由であることは難しい。時間の外に出ることは難しい。
> >
> >  だから、光陰矢の如しとなることが心配ということです。。
>
> それこそ時間の中に入っていませんか? 私は今関心を持って勉強しているだけで、読みたい本を読んでいて知らないことにぶつかっています。残された時間は短いと思っていますが、関係ありません。


 時間の外に居り、ビカミングでないのなら、安心しました。

 そこからの交感を楽しみにしています。。


[25306] Re:[25305] [25304] [25298] [25297] [25296] [25295] [25294] [25293] 心の構造 投稿者:ゴト 投稿日:2018/05/21(Mon) 23:48  

> > > > >  この無意識的活動もなお条件づけられているのではないでしょうか。。
> > > >
> > > >
> > > > そうなんですが、人は無意識的な状態に陥っても他人が変だと思ってくれたり、自分で変だと気づくことが可能です。それゆえに無意識が発見されたりする。そして条件付けを浄化したりすることができる。動物にはちょっと無理かもしれないが、環境によりよく適合するようなやり方を見つけることぐらいは動物もできそうですね。
> > >
> > >
> > >  まず、クリシュナムルティはユングやフロイトとは見識を異にしています。
> > >
> > >  「無意識は無い」とはクリシュナムルティの陳述です。
> > >
> > >  意識していない深層の心の動き(脳の活動)は、クリシュナムルティの指摘があれば認知することができることが少なくないのではないでしょうか。。
> > >
> > >  これらはクリシュナムルティに関わらず、日常の中で、指摘(注意など)される等で、意識していない層の活動に関心が向けられることによって認知されることは珍しいことではないのではないでしょうか。
> > >
> > >  1949年 ロンドンの公開講話(第1回)から引用します。
> > >
> > >  それで、どんな問題も全体の過程の結果であり、排除的な孤立した結果ではないので、それを理解するためには、私たちは私達自身の全体の過程を理解しなければなりません。そして私達自身を理解するためには−ただ表面的に、上層の心の一二の層の中だけではなくて、意識の全内容、私達の存在の全内容を通して−それを十分に、はっきりと理解するためには、関係の中で知覚し、経験しなければなりません。
> > >
> > >  − − − 以上引用 − − −
> > >
> > >  深層の心についても、それに気づく。
> > >
> > >  静謐とは、表層の波風がおさまっているだけではなく、深層の活動もおさまっていることを意味する。
> > >
> > >  クリシュナムルティ理解においては、「無意識」を神聖視することなく、「意識」と分け隔てなく扱うことが肝要であるように思います。
> >
> >
> > 心理学者たちの言う無意識は仮説であり、「無意識」という事を本体視することは誤謬だという事です。
> >
> > しかし現実に人間の心は入出力(様々な現象、言説)が発され、応答、反応が起こることが常です。それは観察されているのですが、事実が見られているというよりは象徴・イメ−ジ的に取り上げられ、大騒ぎを生み、前進しません。言語を使っての伝達が理解ではなく誤解、対立、抵抗になるさまを私たちは嫌というほど見ています。そこに太い単純な今への言説がまだ出ていない気がします。
> >
> > >  すなわち、無意識的活動は条件づけられており、それは深層の「思考」であり、限られているのではないでしょうか。
> >
> > 深層の思考?
> >
> > >
> > >
> > >
> > > > 確かに脳に電極を刺して電気刺激を与えられたりすれば、機械同然の反応が人間でも起きるでしょう。しかし気づいて何とかしようとする可能性も場合によってはあるかもしれない。――
> > >
> > >
> > >  気づいて何とかしようとする活動は、意識的・無意識的思考ではないでしょうか。
> >
> > 私は人類の群れの中の一人間として主体を持って生きようとしています。
> >
> > >
> > >  >今は遺伝子編集もできる時代とかで、そちらの問題もありますが、乳幼児から子供の間の養育時期に、親から気遣いを十分に与えられなかった人は心にネガティブな気質を多く持つかもしれません。この方がより気になります。さらに、成人になるにつれて社会的影響も大きそうです。
> > >
> > >
> > >  表面的な、秩序・平和・安心のためには、気性が穏やかな人々に囲まれればよいのですが、クリシュナムルティはこの>乳幼児から子供の間の養育時期に、親から気遣いを十分に与えられなかった人は心にネガティブな気質を多く持つかもしれません。この方がより気になります。さらに、成人になるにつれて社会的影響も大きそうです−−、これを些事として扱っています。
> > >  すなわち、表面的な秩序・平和・安心よりも、根本的な変容を、ヒトの本質的な事柄として見ているのです。
> >
> > 根本的変容と言うだけではそれは象徴です。それでも一つの群れの中でそれは効果を上げてきました。しかし今は国家規模の群れ同士の争いが問題です。
> >
> > >  もしも、それがなければ、ヒトは各個体において、遺伝子工学情報と脳内電気経路工学情報の二つのデータによって、再生(復元)できるのです。これは、最近のアメリカの研究です。しかも、この遺伝子工学とコンピュータ工学については、生前のクリシュナムルティは、とても重要な事柄として関心を示しています。
> > >
> > >  これが、時間の世界においては、ヒトは機械的な存在であるという意味です。
> > >
> > >
> > > > それで、この問題を個人の問題とするのでなく、人の群れの持つ問題として取り扱う必要、視点があると思います。教科書などと妙なことを言い出したのもここからなんですが、まず、問題をはっきりさせようと勉強しているわけです。心の象徴構造なんて、今度初めて知った言葉です。
> > >
> > >
> > >  はい。
> > >
> > >  その中では、無意識にも意識同様に光を当て、そして思考だけに頼らずに進む「教科書」であってほしいと願っています。
> > >
> > >  思考によるものは、過去に既に試され尽されているという事が、クリシュナムルティに見えた事実であるがゆえに。
> >
> > そういう時、Kは無謬の象徴的権威になっていないか気になります。思考が試されつくされているだろうか?まだまだ低いレベルではい回っている段階みたいな気がする。思考自体が限定されているという事をKは言っていると思います。
>
>
>  それはなりゆくことではないのか。。ビカミング。
>
>  時間の世界ではないのか。。思考の世界ではないのか。


ビカミングの中にいるという事は、あるべき姿、理想、それらはイメージなのですが、そういう本体があるとして、時間をかけてそれを獲得しようとする思考形態ですね。

哲学にもそれは起こりました。善という価値の担い手は「人格」であるとされる。しかし人格に現れ出る善は、最終的には「聖なるもの」に根拠づけられ、それは「絶対的」かつ「無限」の神的な人格であると言われる。
まあ、それはそうかもしれません。ただ拒否反応も出ます。善や正義の真の本性とか真の定義についての考察は、私の考えでは言葉上の屁理屈になるのが落ちであり、避けるべきであると言った人がいます。ここまで来るのに、プラトンから21世紀までかかっているわけです。しかし人類史から見ても短すぎると言えば短い。

私はKが専門語を使わず、言葉で話し、同じことに深い関心を持つ人がよく聴くならそこに交感が起きると言っているのを信じたい。

>
>  ただ、なりゆくことから自由であることは難しい。時間の外に出ることは難しい。
>
>  だから、光陰矢の如しとなることが心配ということです。。

それこそ時間の中に入っていませんか? 私は今関心を持って勉強しているだけで、読みたい本を読んでいて知らないことにぶつかっています。残された時間は短いと思っていますが、関係ありません。



[25305] Re:[25304] [25298] [25297] [25296] [25295] [25294] [25293] 心の構造 投稿者:宮啓 投稿日:2018/05/21(Mon) 21:33  

> > > >  この無意識的活動もなお条件づけられているのではないでしょうか。。
> > >
> > >
> > > そうなんですが、人は無意識的な状態に陥っても他人が変だと思ってくれたり、自分で変だと気づくことが可能です。それゆえに無意識が発見されたりする。そして条件付けを浄化したりすることができる。動物にはちょっと無理かもしれないが、環境によりよく適合するようなやり方を見つけることぐらいは動物もできそうですね。
> >
> >
> >  まず、クリシュナムルティはユングやフロイトとは見識を異にしています。
> >
> >  「無意識は無い」とはクリシュナムルティの陳述です。
> >
> >  意識していない深層の心の動き(脳の活動)は、クリシュナムルティの指摘があれば認知することができることが少なくないのではないでしょうか。。
> >
> >  これらはクリシュナムルティに関わらず、日常の中で、指摘(注意など)される等で、意識していない層の活動に関心が向けられることによって認知されることは珍しいことではないのではないでしょうか。
> >
> >  1949年 ロンドンの公開講話(第1回)から引用します。
> >
> >  それで、どんな問題も全体の過程の結果であり、排除的な孤立した結果ではないので、それを理解するためには、私たちは私達自身の全体の過程を理解しなければなりません。そして私達自身を理解するためには−ただ表面的に、上層の心の一二の層の中だけではなくて、意識の全内容、私達の存在の全内容を通して−それを十分に、はっきりと理解するためには、関係の中で知覚し、経験しなければなりません。
> >
> >  − − − 以上引用 − − −
> >
> >  深層の心についても、それに気づく。
> >
> >  静謐とは、表層の波風がおさまっているだけではなく、深層の活動もおさまっていることを意味する。
> >
> >  クリシュナムルティ理解においては、「無意識」を神聖視することなく、「意識」と分け隔てなく扱うことが肝要であるように思います。
>
>
> 心理学者たちの言う無意識は仮説であり、「無意識」という事を本体視することは誤謬だという事です。
>
> しかし現実に人間の心は入出力(様々な現象、言説)が発され、応答、反応が起こることが常です。それは観察されているのですが、事実が見られているというよりは象徴・イメ−ジ的に取り上げられ、大騒ぎを生み、前進しません。言語を使っての伝達が理解ではなく誤解、対立、抵抗になるさまを私たちは嫌というほど見ています。そこに太い単純な今への言説がまだ出ていない気がします。
>
> >  すなわち、無意識的活動は条件づけられており、それは深層の「思考」であり、限られているのではないでしょうか。
>
> 深層の思考?
>
> >
> >
> >
> > > 確かに脳に電極を刺して電気刺激を与えられたりすれば、機械同然の反応が人間でも起きるでしょう。しかし気づいて何とかしようとする可能性も場合によってはあるかもしれない。――
> >
> >
> >  気づいて何とかしようとする活動は、意識的・無意識的思考ではないでしょうか。
>
> 私は人類の群れの中の一人間として主体を持って生きようとしています。
>
> >
> >  >今は遺伝子編集もできる時代とかで、そちらの問題もありますが、乳幼児から子供の間の養育時期に、親から気遣いを十分に与えられなかった人は心にネガティブな気質を多く持つかもしれません。この方がより気になります。さらに、成人になるにつれて社会的影響も大きそうです。
> >
> >
> >  表面的な、秩序・平和・安心のためには、気性が穏やかな人々に囲まれればよいのですが、クリシュナムルティはこの>乳幼児から子供の間の養育時期に、親から気遣いを十分に与えられなかった人は心にネガティブな気質を多く持つかもしれません。この方がより気になります。さらに、成人になるにつれて社会的影響も大きそうです−−、これを些事として扱っています。
> >  すなわち、表面的な秩序・平和・安心よりも、根本的な変容を、ヒトの本質的な事柄として見ているのです。
>
> 根本的変容と言うだけではそれは象徴です。それでも一つの群れの中でそれは効果を上げてきました。しかし今は国家規模の群れ同士の争いが問題です。
>
> >  もしも、それがなければ、ヒトは各個体において、遺伝子工学情報と脳内電気経路工学情報の二つのデータによって、再生(復元)できるのです。これは、最近のアメリカの研究です。しかも、この遺伝子工学とコンピュータ工学については、生前のクリシュナムルティは、とても重要な事柄として関心を示しています。
> >
> >  これが、時間の世界においては、ヒトは機械的な存在であるという意味です。
> >
> >
> > > それで、この問題を個人の問題とするのでなく、人の群れの持つ問題として取り扱う必要、視点があると思います。教科書などと妙なことを言い出したのもここからなんですが、まず、問題をはっきりさせようと勉強しているわけです。心の象徴構造なんて、今度初めて知った言葉です。
> >
> >
> >  はい。
> >
> >  その中では、無意識にも意識同様に光を当て、そして思考だけに頼らずに進む「教科書」であってほしいと願っています。
> >
> >  思考によるものは、過去に既に試され尽されているという事が、クリシュナムルティに見えた事実であるがゆえに。
>
> そういう時、Kは無謬の象徴的権威になっていないか気になります。思考が試されつくされているだろうか?まだまだ低いレベルではい回っている段階みたいな気がする。思考自体が限定されているという事をKは言っていると思います。


 それはなりゆくことではないのか。。ビカミング。

 時間の世界ではないのか。。思考の世界ではないのか。

 ただ、なりゆくことから自由であることは難しい。時間の外に出ることは難しい。

 だから、光陰矢の如しとなることが心配ということです。。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso