雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[25114] Re:[25113] [25112] [25111] [25110] [25109] [25107] [25106] [25105] [25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:ゴト 投稿日:2018/02/11(Sun) 20:23  

> > > > > > > > > > > > > > > [25090]
> > > > > > > > > > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > > > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > > > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > > [25091]
> > > > > > > > > > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > > > > > > > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > > > > > > > > > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 欲動や超自我は悪くありません。
> > > > > > > > > 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> > > > > > > > > 自我が、エゴトリップするのが問題です。
> > > > > > > >
> > > > > > > > エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
> > > > > > > > シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 何が問題なのでしょう?
> > > > > > >
> > > > > > > マスコミによってあおられた。権力欲や、有名無実の目立ちたがりなどにおちいった現代人の状態がエゴトリップです。
> > > > > >
> > > > > > エゴトリップがようやくわかり始めたようです。
> > > > > > しかし平和な時代にようやく手にした幻想遊びを、人は簡単には手放しそうには思えませんね。
> > > > > >
> > > > > > 矛盾がまだ強烈でないこと、それが一部の悪者のせいだと思っている間は深刻に問題を見ようとはしないと思います。
> > > > > >
> > > > > > だがどこを見ればいいのだろうか。
> > > > >
> > > > > 葛藤したらそれは、自分のせいだと知ってるだけでも違うかもしれません。
> > > >
> > > > 外側のものがすべて「あるがままのもの」として見えていれば葛藤は起こりません。
> > > > 実際問題としての対処はおのずと飛び出し、成るようになる。
> > >
> > > たとえ容赦ない批判であっても受け入れることができる人は成熟した人です。
> >
> > 容赦のない批判でも《生》の動きの本質を外れているならリビドーは猛進あるのみでしょう。
>
> はい。本質をついてれば、怒号のような非難でもためになることがあります。

リビドーの猛進のその時のありようを止めるのは今まで知らなかったことへの新しい理解、目覚め、気づきとかいうものしかあり得ませんが、(と私は思うのですが、)それは意図せずして起こるものですね。英知というか愛からというか。そしてまたそれを受け取る側に受け取ることを可能とする感受性がある。これらすべては一つのものですが、あえて言えば宗教心というのでしょうか?

これが宇宙に遍満してあるのか否か、これが究極の不可能な質問でしょうか。


[25113] Re:[25112] [25111] [25110] [25109] [25107] [25106] [25105] [25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/11(Sun) 16:49  

> > > > > > > > > > > > > > [25090]
> > > > > > > > > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > [25091]
> > > > > > > > > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > > > > > > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > > > > > > > > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 欲動や超自我は悪くありません。
> > > > > > > > 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> > > > > > > > 自我が、エゴトリップするのが問題です。
> > > > > > >
> > > > > > > エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
> > > > > > > シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。
> > > > > > >
> > > > > > > 何が問題なのでしょう?
> > > > > >
> > > > > > マスコミによってあおられた。権力欲や、有名無実の目立ちたがりなどにおちいった現代人の状態がエゴトリップです。
> > > > >
> > > > > エゴトリップがようやくわかり始めたようです。
> > > > > しかし平和な時代にようやく手にした幻想遊びを、人は簡単には手放しそうには思えませんね。
> > > > >
> > > > > 矛盾がまだ強烈でないこと、それが一部の悪者のせいだと思っている間は深刻に問題を見ようとはしないと思います。
> > > > >
> > > > > だがどこを見ればいいのだろうか。
> > > >
> > > > 葛藤したらそれは、自分のせいだと知ってるだけでも違うかもしれません。
> > >
> > > 外側のものがすべて「あるがままのもの」として見えていれば葛藤は起こりません。
> > > 実際問題としての対処はおのずと飛び出し、成るようになる。
> >
> > たとえ容赦ない批判であっても受け入れることができる人は成熟した人です。
>
> 容赦のない批判でも《生》の動きの本質を外れているならリビドーは猛進あるのみでしょう。

はい。本質をついてれば、怒号のような非難でもためになることがあります。


[25112] Re:[25111] [25110] [25109] [25107] [25106] [25105] [25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:ゴト 投稿日:2018/02/11(Sun) 16:29  

> > > > > > > > > > > > > [25090]
> > > > > > > > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > [25091]
> > > > > > > > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > > > > > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > > > > > > > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> > > > > > > >
> > > > > > > > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
> > > > > > >
> > > > > > > 欲動や超自我は悪くありません。
> > > > > > > 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
> > > > > > >
> > > > > > > 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> > > > > > > 自我が、エゴトリップするのが問題です。
> > > > > >
> > > > > > エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
> > > > > > シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。
> > > > > >
> > > > > > 何が問題なのでしょう?
> > > > >
> > > > > マスコミによってあおられた。権力欲や、有名無実の目立ちたがりなどにおちいった現代人の状態がエゴトリップです。
> > > >
> > > > エゴトリップがようやくわかり始めたようです。
> > > > しかし平和な時代にようやく手にした幻想遊びを、人は簡単には手放しそうには思えませんね。
> > > >
> > > > 矛盾がまだ強烈でないこと、それが一部の悪者のせいだと思っている間は深刻に問題を見ようとはしないと思います。
> > > >
> > > > だがどこを見ればいいのだろうか。
> > >
> > > 葛藤したらそれは、自分のせいだと知ってるだけでも違うかもしれません。
> >
> > 外側のものがすべて「あるがままのもの」として見えていれば葛藤は起こりません。
> > 実際問題としての対処はおのずと飛び出し、成るようになる。
>
> たとえ容赦ない批判であっても受け入れることができる人は成熟した人です。

容赦のない批判でも《生》の動きの本質を外れているならリビドーは猛進あるのみでしょう。


[25111] Re:[25110] [25109] [25107] [25106] [25105] [25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/11(Sun) 11:34  

> > > > > > > > > > > > [25090]
> > > > > > > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > [25091]
> > > > > > > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > > > > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> > > > > > >
> > > > > > > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > > > > > > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> > > > > > >
> > > > > > > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> > > > > > >
> > > > > > > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> > > > > > >
> > > > > > > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
> > > > > >
> > > > > > 欲動や超自我は悪くありません。
> > > > > > 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
> > > > > >
> > > > > > 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> > > > > > 自我が、エゴトリップするのが問題です。
> > > > >
> > > > > エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
> > > > > シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。
> > > > >
> > > > > 何が問題なのでしょう?
> > > >
> > > > マスコミによってあおられた。権力欲や、有名無実の目立ちたがりなどにおちいった現代人の状態がエゴトリップです。
> > >
> > > エゴトリップがようやくわかり始めたようです。
> > > しかし平和な時代にようやく手にした幻想遊びを、人は簡単には手放しそうには思えませんね。
> > >
> > > 矛盾がまだ強烈でないこと、それが一部の悪者のせいだと思っている間は深刻に問題を見ようとはしないと思います。
> > >
> > > だがどこを見ればいいのだろうか。
> >
> > 葛藤したらそれは、自分のせいだと知ってるだけでも違うかもしれません。
>
> 外側のものがすべて「あるがままのもの」として見えていれば葛藤は起こりません。
> 実際問題としての対処はおのずと飛び出し、成るようになる。

たとえ容赦ない批判であっても受け入れることができる人は成熟した人です。


[25110] Re:[25109] [25107] [25106] [25105] [25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:ゴト 投稿日:2018/02/11(Sun) 08:12  

> > > > > > > > > > > [25090]
> > > > > > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > [25091]
> > > > > > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > > > > > >
> > > > > > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > > > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > > > > > >
> > > > > > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> > > > > >
> > > > > > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > > > > > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> > > > > >
> > > > > > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> > > > > >
> > > > > > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> > > > > >
> > > > > > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
> > > > >
> > > > > 欲動や超自我は悪くありません。
> > > > > 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
> > > > >
> > > > > 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> > > > > 自我が、エゴトリップするのが問題です。
> > > >
> > > > エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
> > > > シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。
> > > >
> > > > 何が問題なのでしょう?
> > >
> > > マスコミによってあおられた。権力欲や、有名無実の目立ちたがりなどにおちいった現代人の状態がエゴトリップです。
> >
> > エゴトリップがようやくわかり始めたようです。
> > しかし平和な時代にようやく手にした幻想遊びを、人は簡単には手放しそうには思えませんね。
> >
> > 矛盾がまだ強烈でないこと、それが一部の悪者のせいだと思っている間は深刻に問題を見ようとはしないと思います。
> >
> > だがどこを見ればいいのだろうか。
>
> 葛藤したらそれは、自分のせいだと知ってるだけでも違うかもしれません。

外側のものがすべて「あるがままのもの」として見えていれば葛藤は起こりません。
実際問題としての対処はおのずと飛び出し、成るようになる。


[25109] Re:[25107] [25106] [25105] [25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/11(Sun) 00:01  

> > > > > > > > > > [25090]
> > > > > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > [25091]
> > > > > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > > > > >
> > > > > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > > > > >
> > > > > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > > > > >
> > > > > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > > > > >
> > > > > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> > > > >
> > > > > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > > > > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> > > > >
> > > > > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> > > > >
> > > > > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> > > > >
> > > > > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
> > > >
> > > > 欲動や超自我は悪くありません。
> > > > 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
> > > >
> > > > 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> > > > 自我が、エゴトリップするのが問題です。
> > >
> > > エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
> > > シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。
> > >
> > > 何が問題なのでしょう?
> >
> > マスコミによってあおられた。権力欲や、有名無実の目立ちたがりなどにおちいった現代人の状態がエゴトリップです。
>
> エゴトリップがようやくわかり始めたようです。
> しかし平和な時代にようやく手にした幻想遊びを、人は簡単には手放しそうには思えませんね。
>
> 矛盾がまだ強烈でないこと、それが一部の悪者のせいだと思っている間は深刻に問題を見ようとはしないと思います。
>
> だがどこを見ればいいのだろうか。

葛藤したらそれは、自分のせいだと知ってるだけでも違うかもしれません。


[25108] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/10(Sat) 23:40  

https://soundcloud.com/taishi-ohira-745737342/bfb5hkraqnvi 簡単なBGMを書いてみました。よかったらきいてみてください。


[25107] Re:[25106] [25105] [25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:ゴト 投稿日:2018/02/10(Sat) 18:11  

> > > > > > > > > [25090]
> > > > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > [25091]
> > > > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > > > >
> > > > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > > > >
> > > > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > > > >
> > > > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > > > >
> > > > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > > > >
> > > > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> > > >
> > > > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > > > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> > > >
> > > > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> > > >
> > > > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> > > >
> > > > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
> > >
> > > 欲動や超自我は悪くありません。
> > > 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
> > >
> > > 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> > > 自我が、エゴトリップするのが問題です。
> >
> > エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
> > シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。
> >
> > 何が問題なのでしょう?
>
> マスコミによってあおられた。権力欲や、有名無実の目立ちたがりなどにおちいった現代人の状態がエゴトリップです。

エゴトリップがようやくわかり始めたようです。
しかし平和な時代にようやく手にした幻想遊びを、人は簡単には手放しそうには思えませんね。

矛盾がまだ強烈でないこと、それが一部の悪者のせいだと思っている間は深刻に問題を見ようとはしないと思います。

だがどこを見ればいいのだろうか。


[25106] Re:[25105] [25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/10(Sat) 15:10  

> > > > > > > > [25090]
> > > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > > >
> > > > > > > > [25091]
> > > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > > >
> > > > > > > >
> > > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > > >
> > > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > > >
> > > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > > >
> > > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > > >
> > > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > > >
> > > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > > >
> > > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > > >
> > > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> > >
> > > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> > >
> > > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> > >
> > > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> > >
> > > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
> >
> > 欲動や超自我は悪くありません。
> > 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
> >
> > 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> > 自我が、エゴトリップするのが問題です。
>
> エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
> シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。
>
> 何が問題なのでしょう?

マスコミによってあおられた。権力欲や、有名無実の目立ちたがりなどにおちいった現代人の状態がエゴトリップです。


[25105] Re:[25103] [25101] [25100] [25099] [25098] [25093] [25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:ゴト 投稿日:2018/02/10(Sat) 11:55  

> > > > > > > [25090]
> > > > > > > > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > > > > > > > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > > > > > > > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
> > > > > > >
> > > > > > > [25091]
> > > > > > > > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
> > > > > > >
> > > > > > >
> > > > > > > 大変興味深い示唆をいただきました。
> > > > > > >
> > > > > > > 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
> > > > > > >
> > > > > > > そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?
> > > > > >
> > > > > > 欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。
> > > > >
> > > > > そう、そのとおりでしょう。二律背反ですが、根源的欲動(動因)にはカオスでありながら調和があり美があり、聖性があると私は叫びたくなります。
> > > > >
> > > > > この欲動に純粋に随う事と、自分自身の内なる光に随って自由に生きることは同じでしょうか、違う事なのでしょうか?
> > > >
> > > > リビドーは強烈なパワーを持っています。
> > > > 英雄の行動力や、哲学者の思想、聖者の強烈な献身を引き起こすのもリビドーです。
> > >
> > > 私の問いが不明確で問題点をはっきり示せていないようです。明日は歯医者に行った後、もう一度問いをしっかり示せるように改めて書いてみます。
> >
> > 私の疑問は人間が発生し、農耕を始め、備蓄、定住する前の段階では、動物も人は原始的欲動の赴くままに生きていて、それなりの秩序ある生を営んでいたと思います。
> > それが記憶を備えた今の意識、思考、言語を操りだしてから、分目の膨張に伴い明暗両方向への事柄の膨張は加速して、目の回る思いがあります。
> >
> > これはヒトの感情にとってもあまりに負担が大きすぎるのでしょうか、あまりの悲惨が目につきます。人は確かな寄る辺に縋り付きたいのです。
> >
> > 人の持つ欲動に対して何かのくびきをかけなくてはならないという思想が出てきましたが、いったい誰が誰にかけるのやら。
> >
> > 人の持って生まれたリビドーの赴くままに生きつのでいいのか、何かのプラスアルファがいるのでしょうか?あまりにも原点の問いなのですが。
>
> 欲動や超自我は悪くありません。
> 欲動は自然の本能です。自我が誤るのです。
>
> 飲み食いセックス労働これらをシンプルにすることはありのままの人間の姿です。
> 自我が、エゴトリップするのが問題です。

エゴトリップするというのが私にはよくわからないのです。
シンプルに働くのは基本的に結構なことだというのは原則的に大賛成なのですが、その余暇を趣味や芸術やスポーツ、旅行、勉学など、何に使おうが結構なことじゃないかと思います。それを道徳的なことに限るとかいうと、みんなそんなことを聞くわけがありません。

何が問題なのでしょう?


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso