雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[25094] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/08(Thu) 12:45  

この世界は、カオスだ。法則があるようでない。

人間の心も表層は思考で秩序付けられてるが,深層はカオスだ。


[25093] Re:[25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/08(Thu) 11:58  

> [25090]
> > 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> > 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> > 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド
>
> [25091]
> > この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。
>
>
> 大変興味深い示唆をいただきました。
>
> 欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。
>
> そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?

欲動は、無秩序であり、カオスです。全面的な闇ですね。しかし、それは同時に調和しており美でもあります。


[25092] 生きる根源の力(続き) 投稿者:ゴト 投稿日:2018/02/08(Thu) 09:36  

[25090]
> 欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
> 超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
> 自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド

[25091]
> この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。


大変興味深い示唆をいただきました。

欲動は三面の現れ方をする。父性、生殖、女性というか、腹(ガッツ?)、ハート、マインドとも言える――と私は受け取りました。

そこでですが、このおおもとの欲動の噴出があるとき、それはコスモス的秩序の内につつまれているのでしょうか?それともそれは混とんそのものなのでしょうか?


[25091] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/07(Wed) 23:31  

この三面は、すべて欲動=リビドーなのです。


[25090] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/07(Wed) 23:30  

欲動 父 意志 集合無意識 ディオニュソス 腹
超自我 子 愛 個人的無意識 ハート
自我 母 知性 顕在意識 アポロン マインド


[25089] Re:[25081] [25079] [25076] [25074] 生きる根源の力 投稿者:ゴト 投稿日:2018/02/07(Wed) 22:50  

> > > > それで、本論に入るけれど、私は人間の生きる力、エネルギーは現代において特に旺盛を極めてきて、瞠目すべきものがあるのではないかと思う。
> > > >
> > > > その個人個人の創り出す方向に理性や論理で方向付けをすることを、たぶん誰もが怪しげなものとして疑うに違いないと思います。過去の歴史を見ると誰でもそうなります。
> > > >
> > > > たぶん、生起する事柄に対しての心の印象というか、情動の在り方の強度がどうであるかが、世の中の推移を決めていくのではないかと思います。それはいったいどういう事に向かうのか?
> > > >
> > >
> > > 義で動く人みれば、利で動く人もいる。
> > >
> > > 義で動くのが人格者ですね。
> >
> >
> > まあいろいろな理由で動くのでしょうが、その根本的欲求とはどういう力なのでしょうね。あまり理性的なものでなく、むしろデモーニッシュなものが力を発揮するのではないか。
> >
> > 果たして内なる光を光として進ませて大丈夫なのかよという疑念はないのかよ?流れに身を任せる。しぬとき、こうかいしないだろうか?大丈夫かな?
>
> デモニーシュな欲動と超自我と自我がいったいになった境地があります。
> それは、実は別のものではないからです。

超自我が一体の中に入っているという事は、内面的倫理も含まれていると解釈しましたが、それはアポロン的とは違ったものとしていまだ存在しているとみなされるのでしょうか?

アポロン的とは理性的面が強い気がしますが、どうもこの二つの面の間の調和や統合がどういうものかぴんと来ません。どなたでもヒントがあれば示唆していただけますか。

>
> 自我 顕在意識 頭
> 超自我 個人的無意識 ハート
> 欲動 集合的無意識 腹


[25088] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/07(Wed) 18:41  

彼女の気性が荒すぎるので別れようか悩んでいる。


[25087] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/07(Wed) 15:45  

非二元論の過激な派 あらゆることは恩寵で努力の余地はない
努力中心の他の派  幻想を超越するために大変な量の修行をしなければならない

自分の内側に答えを探すこと。
自分自身に誠実で正直であれば、努力が必要なときには自分自身の中にそれを感じるし、手放すときにはそれを感じる。

先生の役割は生徒たちが自分自身の直感的な自然の方向感覚(内なる先生)と結びつけるのを助けること。

どんな道を通っても、最終的には明け渡す方向に向かっていく。道のあらゆる一歩が明け渡す機会となる。


[25086] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/07(Wed) 15:34  

・腹レベルでの目覚め

腹レベルとは自己感覚のもっとも実存的な部分。もっとも原始的な自己感覚。制限された現象の世界に突然押し出されたときに起こるある種のしがみつき。そこで感じる恐れに出会う必要がある。

目覚めへと向かう運動そのものが恐れを生み出すこともある。目覚めとは腹レベルでのしがみつきからの解放だから。目覚めのプロセスの途中ではよくあることで、問題ではない。

そのときに大切なことは、自分にできることは何もないという事実を許し、受け入れること。完全に許して、その気づきに貫かれることが、最終的に手放すこと。

腹レベルでのしがみつきを手放すとき、自分がこれから死ぬように感じるかもしれない。でも「あなた」は死なない。分離した自己が死ぬだけ。

人生でとても困難な時代を経験した人たちは、より深い意識の段階に近づくにつれ、腹レベルでのしがみつきが強化されるかもしれない。このとき、何も強制しないことが大切。目覚めのこの面に対処するには、特別な助けが必要かもしれない。

究極的には個人的意思とは幻想である。このことに気づき始めると幻滅を感じるかもしれない。何かに幻滅を感じるとき、自分の意思の終わりに来つつある。そのとき初めて変容が起こる。


[25085] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/07(Wed) 15:33  

・感情は、どのようにして分離した自己の幻想をまとめあげるのか

感情的自己をまとめているものは「恐れ」。自分は傷つけられ、損なわれ、侮辱されることができる誰かであるというイメージを持っているから「恐れ」を感じる。

マインドとハートレベルでの固定化から目覚め始めると、傷つけられる誰もいない、ことを見るようになる。「私たちが生そのものである」から。

ハートレベルで目覚めると、私たちはもっと自由に世界を深く感じることができるようになる。そのとき、私たちは自分自身を究極の意味で完全に無防備に体験する。私たちが無防備であるとき、私たちから自然に流れるものは無条件の愛。そのとき、あらゆるものを自分自身として見る。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso