雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[27325] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/07(Tue) 22:12  

私は、女性は教育を受けるべきではない、などとは考えません。女性は教育を受けるべきです。仕事を持つことも良いでしょう。ただし、女性であることの義務と栄光にたがわぬ生き方をするべきです。


[27324] Re:[27322] 金持ち 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/07(Tue) 22:10  

> 金持ちは、「私のもの」という観念が人より頑固で大きい。それ故、いつもカリカリして、安全を脅かされると不安になり、しまいにはイライラする始末である。
>
> 見ていると「私のもの」という観念が徐々に溶けていき心安らかになっていく。
>
> イエスが言った通りであった。
>
> 金持ちが心安らぐのは、ラクダが針の穴を通るより難しいと。

いやそれは間違いだ。イエスが間違っていた唯一の点といってもいい。

金持ちでも執着しないなら安らぎに達する。

貧乏でも、やけくそになったら何やるかわからん。

金持ちで、傲慢にならないのは少し難しいが、貧乏で卑屈にならないのはもっと難しい。

しかし、どちらも可能ではある。


[27323] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/07(Tue) 22:06  

罪への恐れは消え去り、邪悪な行為がはびこり
神への信愛が揺らいでいる
おお、人よ! これらの流れを断ち切るには
神の御名を唱えることが ただ一つの救済への道
もしも、女性が仕事のために外に出ていってしまうのならば、
誰が家庭の面倒をみるのであろうか?
もしも、夫と妻が会社に出かけてしまったのなら
誰が子どもたちの世話をするのか?
金銭を得ることで なにがしかの問題は解決するであろう
しかし、家庭の問題はどのようにして解決するのか?
実のところ、働く女性は多くの幸せを享受してはいない


[27322] 金持ち 投稿者:南方 投稿日:2019/05/07(Tue) 21:14  

金持ちは、「私のもの」という観念が人より頑固で大きい。それ故、いつもカリカリして、安全を脅かされると不安になり、しまいにはイライラする始末である。

見ていると「私のもの」という観念が徐々に溶けていき心安らかになっていく。

イエスが言った通りであった。

金持ちが心安らぐのは、ラクダが針の穴を通るより難しいと。


[27321] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2019/05/07(Tue) 16:58  

いまデヴィッド・ボームの「創造性について」という本を読み始めています。読んですぐボームの「全体性と内蔵秩序」を読んでおいてよかったと思いました。

それは[27289]の、> 実は見る境地にある洞察と呼ばれるものと創造性があります。見ることで未知の世界にいる生きていることを初めて知る。

だが、創造というか、偶然というか、数の多さ(何兆、何億兆)という人間がそれぞれのけちな思いで動き回る、その時合成の誤謬というものがあって、思いもよらぬことが起きる。たとえば株価の動きは予想できない。これは創造か、違うものかという事が私にはわからない。数によるものには創発という術語があるそうです。

こんなことを問題にするのは、今の人間の文明文化の進化が神のなす?秩序ある創造なのか、数のなす、どこに行きつくか不明の秩序なきマジカルな創発=乱走なのかという問題に引っ掛かっているからです。途中で何か秩序をなくして乱走になったのでもよいのですが。合成の誤謬とはなんであるかそこから調べなければならないのでしょうか?

この問題は難しそう。骨のある本があったら教えてください。ーー

という私の疑問にぴったりそうだという感じを持っているからです。読んだらまた書きます。


[27320] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/07(Tue) 10:08  

今日は、将棋3連勝。


[27319] Re:[27314] 『英知の探求』第2部 投稿者:ゴト 投稿日:2019/05/07(Tue) 00:27  

>  『英知の探求』第2部を読みました。
>
>  以前、ゴトさんが、これをまず最初に読んだ方がよいものとして挙げていたので、試しに読み返してみました。
>
>  とても感無量で、読むのに日数を要してしまいました。


それは良かった。お疲れ様。


[27318] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/06(Mon) 23:39  

観念が現れたら、ただ自分にそのような観念があることを認め、そして手放していきなさい。あなたにできることは、気づくことだけだ。そして、手放そうと決断することだけだ。それが〈在る〉だ。それが聖なる無視、聖なる無関心だ。


[27317] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/06(Mon) 22:35  

女性研究は、チャレンジなきグループ思考という居ごこちよい仲良し同士の沼沢地である。それは、稀な例外を除き、まったく学問的でない。アカデミックなフェミニストたちは、男たちだけでなく異をとなえる女たちを黙らせてきた。(カミール)


[27316] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/06(Mon) 22:31  


女というものを夢見るのは、男だけではない。女たちも、女というものを夢見る。実際、女たちは男のことなど夢見ていない。夢見ているのは、男に愛される「この私のなかの女」である。つまり女たちが考えているのは、常に「女というもの La Femme」である。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso