雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[24577] Re:[24569] [24568] [24566] [24565] [24564] [24563] 無題 投稿者:南方 投稿日:2017/09/14(Thu) 17:35  

> しかし、今まではヒトは神か偶然から創造された存在でした。だから存在のあるがままにしかふるまいようがないと言えばそうだと言えたのですが、今や、人は自分で創造できる。ヒトゲノムは人間の掌中に入った。今やゲノム編集で天才を創ることもできるかもしれない(天才マウスはすでにできた)。それは超人を創るという事で、自らが神になったという事だろうか?
>
> 以上はもちろん私のひらめきではなく、現在の世界的ベストセラー「サピエンス全史上下」ユバル・ノア・ハラリ著、柴田裕之訳の言っていることです。これは一度読んでみることをお勧めします。
>
> そしてもう一度宗教の役割とは何か、そしてクリシュナムルティの立ち位置を考えなければ。。
>
> 参考: ヒトになったサルは神へと進化する
> http://kaseinoji.hatenablog.com/entry/sapiens
>



サピエンス全史 上下 飛ばし読みで読了しました。

貨幣・認知革命・農業革命・科学革命とサピエンスの全体像を概観できたのは収穫でした。サピエンスとはなんなのか。

そして、結びの方で「汝自身を知れ」という章があり、結局はそこかなと思いました。クリシュナムルティの位置付け。

あとがきに、「自分が何を望んでいるのかもわからない、不満だらけの無責任な神にサピエンスはなろうとしている」という言葉は、その通りだなと思いました。

弟子として生きるということは先達としての教えを後に続くものに与える立場にならなければならない。そういうことを考えると、死後や生きている間に先達として生きるということを視野にいれると身の引き締まる思いがした。


[24576] Re:[24575] [24574] [24573] [24572] [24570] [24562] [24560] [24559] [24558] [24557] [24555] [24551] 鬱病 投稿者:ゴト 投稿日:2017/09/12(Tue) 17:16  

> > > > > 補足
> > > > >
> > > > > 僕のはクンダリーニヨガやチャクラを応用・シンプルにしたもので、身体のどこかに意識を置き換える(頭も含める)ときに
> > > > > 例えばハートに意識を置き換えると、頭の自我をハートから観るといった感じです。
> > > > > ハートから発進してマインドが静かな時に通して見ると
> > > > > (ただ見ている)といったような状態になる、ということです。
> > > > >
> > > > >
> > > > > 世界の色というか感触というか味というか、そんなものが違って見えるのです。頭より遠ければ遠いほどマインドは静かになり(見ること)がクリアになります。
> > > >
> > > >
> > > > ああー、そういう事ですか…… だとすると私には少なくとも今のところ、全く分からないことです。すみませんが。
> > >
> > >
> > >
> > > 7つの心理的段階
> > >
> > >
> > > 7:神性の意識
> > >
> > >
> > > 6:霊的意識
> > >
> > >
> > > 5:自己意識
> > >
> > >
> > > 4:覚醒
> > >
> > >
> > > 3:感受性
> > >
> > >
> > > 2:自我中心
> > >
> > >
> > > 1:肉体的気付き
> > >
> > >
> > >
> > > 僕はいま心理的5段階にいます。
> > >
> > > 秘教は隠されているというより、隠れているのです。
> > > 町を歩くとそこは秘教的学校になります。今のところ最先端の方法だと思われます。
> >
> >
> > ああー、あなたも7段階派の方ですか。では私にはわからないわけだ。
>
>
>
> ゴトさんの言う(ただ見ること)は電子顕微鏡で微小物を観察したときに、ゴトさんが影響を与えることなくありのままのそのものがあるという風なことだと思います。
>
> 一方僕のほうはそのありのままに影響を与える。
>
> という風な違いかなと考えました。ちなみに7段階はある意味趣味の領域ですので理解は自己完結でいいのです。足を踏み入れてしまった以上死ぬまでやり続ける道だと思っています。
>
> ただ見ることは普遍的人間の課題だと思うので並行して探求?していきたいと思います。


レスありがとうございます。私の言い方が違いを強調した感じがして気になっていました。

心理的意識の段階はいわば趣味の問題――なるほど、よくわかりました。私はまだ引っかかるところがあって、自由でないですねえ。お陰様でほどけたかもしれません。

「見ることだけがある」は、言い方を変えると「観察者は観察されるものである」ということで、今どんな段階にあろうが(コスモス的)秩序ある状態なのですね。


人間は自然そのものを変える力(地球的規模において)を持ち始めましたが、利己的ばかりでなく、全生態系の状態をも視野に入りつつあります。
ヒトもそんなに捨てたものでもないかもしれません。今生まれる人間の平均寿命は150歳ぐらいまで延びますかねえ。えらいこっちゃ。


[24575] Re:[24574] [24573] [24572] [24570] [24562] [24560] [24559] [24558] [24557] [24555] [24551] 鬱病 投稿者:南方 投稿日:2017/09/12(Tue) 13:16  

> > > > 補足
> > > >
> > > > 僕のはクンダリーニヨガやチャクラを応用・シンプルにしたもので、身体のどこかに意識を置き換える(頭も含める)ときに
> > > > 例えばハートに意識を置き換えると、頭の自我をハートから観るといった感じです。
> > > > ハートから発進してマインドが静かな時に通して見ると
> > > > (ただ見ている)といったような状態になる、ということです。
> > > >
> > > >
> > > > 世界の色というか感触というか味というか、そんなものが違って見えるのです。頭より遠ければ遠いほどマインドは静かになり(見ること)がクリアになります。
> > >
> > >
> > > ああー、そういう事ですか…… だとすると私には少なくとも今のところ、全く分からないことです。すみませんが。
> >
> >
> >
> > 7つの心理的段階
> >
> >
> > 7:神性の意識
> >
> >
> > 6:霊的意識
> >
> >
> > 5:自己意識
> >
> >
> > 4:覚醒
> >
> >
> > 3:感受性
> >
> >
> > 2:自我中心
> >
> >
> > 1:肉体的気付き
> >
> >
> >
> > 僕はいま心理的5段階にいます。
> >
> > 秘教は隠されているというより、隠れているのです。
> > 町を歩くとそこは秘教的学校になります。今のところ最先端の方法だと思われます。
>
>
> ああー、あなたも7段階派の方ですか。では私にはわからないわけだ。



ゴトさんの言う(ただ見ること)は電子顕微鏡で微小物を観察したときに、ゴトさんが影響を与えることなくありのままのそのものがあるという風なことだと思います。

一方僕のほうはそのありのままに影響を与える。

という風な違いかなと考えました。ちなみに7段階はある意味趣味の領域ですので理解は自己完結でいいのです。足を踏み入れてしまった以上死ぬまでやり続ける道だと思っています。

ただ見ることは普遍的人間の課題だと思うので並行して探求?していきたいと思います。


[24574] Re:[24573] [24572] [24570] [24562] [24560] [24559] [24558] [24557] [24555] [24551] 鬱病 投稿者:ゴト 投稿日:2017/09/11(Mon) 22:55  

> > > 補足
> > >
> > > 僕のはクンダリーニヨガやチャクラを応用・シンプルにしたもので、身体のどこかに意識を置き換える(頭も含める)ときに
> > > 例えばハートに意識を置き換えると、頭の自我をハートから観るといった感じです。
> > > ハートから発進してマインドが静かな時に通して見ると
> > > (ただ見ている)といったような状態になる、ということです。
> > >
> > >
> > > 世界の色というか感触というか味というか、そんなものが違って見えるのです。頭より遠ければ遠いほどマインドは静かになり(見ること)がクリアになります。
> >
> >
> > ああー、そういう事ですか…… だとすると私には少なくとも今のところ、全く分からないことです。すみませんが。
>
>
>
> 7つの心理的段階
>
>
> 7:神性の意識
>
>
> 6:霊的意識
>
>
> 5:自己意識
>
>
> 4:覚醒
>
>
> 3:感受性
>
>
> 2:自我中心
>
>
> 1:肉体的気付き
>
>
>
> 僕はいま心理的5段階にいます。
>
> 秘教は隠されているというより、隠れているのです。
> 町を歩くとそこは秘教的学校になります。今のところ最先端の方法だと思われます。


ああー、あなたも7段階派の方ですか。では私にはわからないわけだ。


[24573] Re:[24572] [24570] [24562] [24560] [24559] [24558] [24557] [24555] [24551] 鬱病 投稿者:南方 投稿日:2017/09/11(Mon) 18:28  

> > 補足
> >
> > 僕のはクンダリーニヨガやチャクラを応用・シンプルにしたもので、身体のどこかに意識を置き換える(頭も含める)ときに
> > 例えばハートに意識を置き換えると、頭の自我をハートから観るといった感じです。
> > ハートから発進してマインドが静かな時に通して見ると
> > (ただ見ている)といったような状態になる、ということです。
> >
> >
> > 世界の色というか感触というか味というか、そんなものが違って見えるのです。頭より遠ければ遠いほどマインドは静かになり(見ること)がクリアになります。
>
>
> ああー、そういう事ですか…… だとすると私には少なくとも今のところ、全く分からないことです。すみませんが。



7つの心理的段階


7:神性の意識


6:霊的意識


5:自己意識


4:覚醒


3:感受性


2:自我中心


1:肉体的気付き



僕はいま心理的5段階にいます。

秘教は隠されているというより、隠れているのです。
町を歩くとそこは秘教的学校になります。今のところ最先端の方法だと思われます。


[24572] Re:[24570] [24562] [24560] [24559] [24558] [24557] [24555] [24551] 鬱病 投稿者:ゴト 投稿日:2017/09/11(Mon) 18:17  

> 補足
>
> 僕のはクンダリーニヨガやチャクラを応用・シンプルにしたもので、身体のどこかに意識を置き換える(頭も含める)ときに
> 例えばハートに意識を置き換えると、頭の自我をハートから観るといった感じです。
> ハートから発進してマインドが静かな時に通して見ると
> (ただ見ている)といったような状態になる、ということです。
>
>
> 世界の色というか感触というか味というか、そんなものが違って見えるのです。頭より遠ければ遠いほどマインドは静かになり(見ること)がクリアになります。


ああー、そういう事ですか…… だとすると私には少なくとも今のところ、全く分からないことです。すみませんが。


[24571] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/09/11(Mon) 18:02  

夫の言うことを厳格に守るパティヴラター(貞女)には、何でもできます。もし、パティヴラターが塩辛い海の水を使って夫のために料理をこしらえたとしても、その水は真水に変わるでしょう。もし、妻が夫の言うことを守り、夫が妻の望みを叶えるなら、その家庭の将来は安全で確かなものとなるでしょう。もし、それとは反対の行動をとるなら、その家庭は大きな苦しみに遭うことを免れないでしょう。夫も妻も、家では行儀よく振る舞っているかもしれませんが、一歩外に出るや、あらゆる悪に耽溺します。もし夫と妻の間に一体性と調和がないのであれば、ジャパ(神の御名やマントラを繰り返し唱えること)やディヤーナ(瞑想)等々の霊性修行をしても、何の役にも立ちません。

https://musescore.com/user/24824161/scores/4524996



[24570] Re:[24562] [24560] [24559] [24558] [24557] [24555] [24551] 鬱病 投稿者:南方 投稿日:2017/09/11(Mon) 17:34  

> >
> >
> > ですね。
> >
> > > ちょっと言葉不足のようですが、とりあえずお答えします。
>
> いや、最後は同じことを言っているのかもしれませんが。



補足

僕のはクンダリーニヨガやチャクラを応用・シンプルにしたもので、身体のどこかに意識を置き換える(頭も含める)ときに
例えばハートに意識を置き換えると、頭の自我をハートから観るといった感じです。
ハートから発進してマインドが静かな時に通して見ると
(ただ見ている)といったような状態になる、ということです。


世界の色というか感触というか味というか、そんなものが違って見えるのです。頭より遠ければ遠いほどマインドは静かになり(見ること)がクリアになります。


[24569] Re:[24568] [24566] [24565] [24564] [24563] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2017/09/11(Mon) 10:29  

> > > > > https://soundcloud.com/taishi-ohira-745737342/praanadah
> > > > >
> > > > >
> > > > > 人の健康を害するものは、野放しの激しい感情だけではありません。やましい方法で手
> > > > > に入れたお金で生活することも、ある程度、健康を害する原因となります。不正を働いて
> > > > > 稼いだお金で生活することは、人の中に根を張る多くの知られざる病気の原因となります。
> > > > > 食べた物が心を決め、心が考えを決め、考えが行いを決め、行いが健康を決めるのです。
> > > >
> > > >
> > > >
> > > > そうですね。
> > > > 僕なんか、やましくて胃に穴が開く思いです。
> > > >
> > >
> > >
> > >
> > > 9人に1人が飢餓で死んでいる現実の一方で、肥満大国が存在する。明日になれば、日本中のコンビニで山ほどの食料が破棄されるだろう。そして、その瞬間に餓死する人が山ほどいる。
> >
> >
> > しかし今や、不作で餓死する人はいなくなった。戦争は相変わらずあるが、戦争での死者は原水爆の出現以降、皮肉にも激減している。空襲での死者は年寄り以外の人には忘れ去られている。
> >
> > 一方、人の行くところ動植物の種の絶滅、原住民の絶滅や大虐殺があり、家畜という形での食肉に倫理的な疑問を感じることもまずなかろう。しかし、いつか合成蛋白を食べるようになるのだろうか?
>
>
> 最近、世を嘆くということをしていませんでした。
> 世界の混乱は私の混乱であるという草の根の実践にしか活路を見いだせなかったからです。
>
> 自分の中に貪欲を見ます。財産を無くすことの恐怖があります。それが、世界の現状を作っている、という責任を子供たちに対して感じます。
>
> だからといって社会闘争では解決しない。お金を捨てる、或いは寄付するという上辺だけでも解決しない。ふんだんに今気づいているしかない。それは小さなものかもしれませんが、皆がそうしたなら世界は変わるでしょう。
>
> 愛の実践が実を結ぶことを期待します。


分かります。その気持ちはよくわかります。その気づきのある状態を抜きにして聖なることは起こりえないというのが真実です(こう言い切るには少し心の動揺がありますが)。

しかし、今まではヒトは神か偶然から創造された存在でした。だから存在のあるがままにしかふるまいようがないと言えばそうだと言えたのですが、今や、人は自分で創造できる。ヒトゲノムは人間の掌中に入った。今やゲノム編集で天才を創ることもできるかもしれない(天才マウスはすでにできた)。それは超人を創るという事で、自らが神になったという事だろうか?

以上はもちろん私のひらめきではなく、現在の世界的ベストセラー「サピエンス全史上下」ユバル・ノア・ハラリ著、柴田裕之訳の言っていることです。これは一度読んでみることをお勧めします。

そしてもう一度宗教の役割とは何か、そしてクリシュナムルティの立ち位置を考えなければ。。

参考: ヒトになったサルは神へと進化する
http://kaseinoji.hatenablog.com/entry/sapiens



[24568] Re:[24566] [24565] [24564] [24563] 無題 投稿者:南方 投稿日:2017/09/11(Mon) 03:55  

> > > > https://soundcloud.com/taishi-ohira-745737342/praanadah
> > > >
> > > >
> > > > 人の健康を害するものは、野放しの激しい感情だけではありません。やましい方法で手
> > > > に入れたお金で生活することも、ある程度、健康を害する原因となります。不正を働いて
> > > > 稼いだお金で生活することは、人の中に根を張る多くの知られざる病気の原因となります。
> > > > 食べた物が心を決め、心が考えを決め、考えが行いを決め、行いが健康を決めるのです。
> > >
> > >
> > >
> > > そうですね。
> > > 僕なんか、やましくて胃に穴が開く思いです。
> > >
> >
> >
> >
> > 9人に1人が飢餓で死んでいる現実の一方で、肥満大国が存在する。明日になれば、日本中のコンビニで山ほどの食料が破棄されるだろう。そして、その瞬間に餓死する人が山ほどいる。
>
>
> しかし今や、不作で餓死する人はいなくなった。戦争は相変わらずあるが、戦争での死者は原水爆の出現以降、皮肉にも激減している。空襲での死者は年寄り以外の人には忘れ去られている。
>
> 一方、人の行くところ動植物の種の絶滅、原住民の絶滅や大虐殺があり、家畜という形での食肉に倫理的な疑問を感じることもまずなかろう。しかし、いつか合成蛋白を食べるようになるのだろうか?


最近、世を嘆くということをしていませんでした。
世界の混乱は私の混乱であるという草の根の実践にしか活路を見いだせなかったからです。

自分の中に貪欲を見ます。財産を無くすことの恐怖があります。それが、世界の現状を作っている、という責任を子供たちに対して感じます。

だからといって社会闘争では解決しない。お金を捨てる、或いは寄付するという上辺だけでも解決しない。ふんだんに今気づいているしかない。それは小さなものかもしれませんが、皆がそうしたなら世界は変わるでしょう。

愛の実践が実を結ぶことを期待します。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso