雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[27243] 怒りもまた一過性の現象 投稿者:南方 投稿日:2019/05/02(Thu) 14:27  

怒らないことが自慢になってる人がいるが、怒りもまた一過性の現象であり、それに囚われなければよいだけで怒らないことが目的ではない。


[27242] Re:[27232] [27230] [27228] [27224] [27222] 無題 投稿者:南方 投稿日:2019/05/02(Thu) 14:21  

> > > > > そのときは信じられなかったのだが、飯尾さんが私はもう葛藤を感じなくなったというので、新しい芽さんは、怒りはわかないんですか?
> > > > > と聞いたら、どんなときに怒りがわきますか?と逆に言われて、過去のむかつくやつ思い出したときとか。といったら、今思い出しましたが、何の問題もありませんでした。といわれて、びびったことがある。
> > > > >
> > > > > 今はある程度彼の境地がわかるな。
> > > >
> > > >
> > > > まだ過去にムカついたやつ思い出すと怒るな。空は持続せんのか、悔しい
> > >
> > > 一般人はセックスと死によってのみ空を垣間見る可能性がありますね。
> >
> >
> > 数年前に無我を体験させていただいたときと、似てるっちゃにてますね
>
> 最近、結構、身心脱落します。


仏教も一つの歓方であり、それはそれで真理の一部なのだろうが、そればかりに固執していては余計辛くなったので、一抜けときます。


やはり、何もかもが世界の中ので起きてる現象の一部という認識が一番楽です。

空やら無我やらなんやかやも、それはそれでありなのだろうが、「目指す」と疲れる。


[27241] Re:[27239] [27238] [27237] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2019/05/02(Thu) 10:55  

> > > 愛情や愛着を、真の愛と履き違えてはいけない。
> > >  
> > > 愛着があると、真の愛は育たない。
> > >  
> > > 愛着は自己中心癖から来るものであり、真の愛は自我の放棄から来るものだから。
> >
> >
> > 自己中心癖自体が自我でしょう。その自我(癖)はどのようにして解消するのでしょうか? そこをはっきり言ってみましょう。
> >
> >
> それが以下に有害で無益かみることによって。


そうです。その通りです。それがなぜ世界の大きな潮流にならないのでしょうか、いや、なっている? 多くの人が自我の抑制・コントロールや無我を唱えますが……。現実として大きく世の中は変わりつつあるでしょうか?



[27240] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/02(Thu) 06:01  

チャンピョンズリーグ見た。


[27239] Re:[27238] [27237] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/02(Thu) 06:00  

> > 愛情や愛着を、真の愛と履き違えてはいけない。
> >  
> > 愛着があると、真の愛は育たない。
> >  
> > 愛着は自己中心癖から来るものであり、真の愛は自我の放棄から来るものだから。
>
>
> 自己中心癖自体が自我でしょう。その自我(癖)はどのようにして解消するのでしょうか? そこをはっきり言ってみましょう。
>
>
それが以下に有害で無益かみることによって。


[27238] Re:[27237] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2019/05/01(Wed) 23:23  

> 愛情や愛着を、真の愛と履き違えてはいけない。
>  
> 愛着があると、真の愛は育たない。
>  
> 愛着は自己中心癖から来るものであり、真の愛は自我の放棄から来るものだから。


自己中心癖自体が自我でしょう。その自我(癖)はどのようにして解消するのでしょうか? そこをはっきり言ってみましょう。




[27237] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/01(Wed) 21:33  

愛情や愛着を、真の愛と履き違えてはいけない。
 
愛着があると、真の愛は育たない。
 
愛着は自己中心癖から来るものであり、真の愛は自我の放棄から来るものだから。


[27236] Re:[27235] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2019/05/01(Wed) 14:54  

> T.総論
>
> 1.平成財政の総括
>
> 振り返れば、平成時代の財政は、長年の懸案とされていた消費税の導入の実現とともに始まった。平成に入って実質的に最初の編成となった平成2年度(1990年度)予算では、15年もの歳月と多大な歳出削減努力を経て、特例公債からの脱却が達成 された。
>
> (中略)
>
> 今年度末には平成2年度(1990年度)末の5.3倍に当たる883兆円もの公債残高が積み上がり、一般政府債務残高は対GDP 比238%に達しようとしている。歴史的にみても、足下の債務残高対GDP比は、先ほど言及した第2次世界大戦末期の水準に 匹敵している。
>
> 平成という時代は、こうした厳しい財政状況を後世に押し付けてしまう格好となっている。
>
> (中略)
>
> 財政にもまた「共有地の悲劇」が当てはまる。現在の世代が「共有地」のように財政資源に安易に依存し、それを自分たちの ために費消してしまえば、将来の世代はそのツケを負わされ、財政資源は枯渇してしまう。悲劇の主人公は将来の世代であり、 現在の世代は将来の世代に責任を負っているのである。 先人達や、新たな時代そして更にその先の時代の子供達に、平成時代の財政運営をどのように申し開くことができるのであろ うか。
>
> (中略)
>
> 言うまでもなく、税財政運営の要諦は、国民の受益と負担の均衡を図ることにある。他方で、誰しも、受け取る便益はできるだ け大きく、被る負担はできるだけ小さくしたいと考えるがゆえに、税財政運営は常に受益の拡大と負担の軽減・先送りを求める フリーライダーの圧力に晒される。平成という時代は、人口・社会構造が大きく変化する中で、国・地方を通じ、受益と負担の乖 離が徒に拡大し、税財政運営がこうした歪んだ圧力に抗いきれなかった時代と評価せざるを得ない。
>
> (中略)
>
> 新たな時代においては、財政健全化どころか一段と財政を悪化させてしまった平成という時代における過ちを二度と繰り返す ことがあってはならず、手をこまねくことは許されない。


いや、面白い投稿をいただいた。貴君にこんな芸があるとは知らなかった。

だがまあ大丈夫。その受益した分はケチな年寄りが子や孫のためにしっかりと握っているから。しかし次の世代からはだんだん使いだす。

これからが本格的な現代の元禄時代への突入となるのかな。


[27235] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/01(Wed) 12:33  

T.総論

1.平成財政の総括

振り返れば、平成時代の財政は、長年の懸案とされていた消費税の導入の実現とともに始まった。平成に入って実質的に最初の編成となった平成2年度(1990年度)予算では、15年もの歳月と多大な歳出削減努力を経て、特例公債からの脱却が達成 された。

(中略)

今年度末には平成2年度(1990年度)末の5.3倍に当たる883兆円もの公債残高が積み上がり、一般政府債務残高は対GDP 比238%に達しようとしている。歴史的にみても、足下の債務残高対GDP比は、先ほど言及した第2次世界大戦末期の水準に 匹敵している。

平成という時代は、こうした厳しい財政状況を後世に押し付けてしまう格好となっている。

(中略)

財政にもまた「共有地の悲劇」が当てはまる。現在の世代が「共有地」のように財政資源に安易に依存し、それを自分たちの ために費消してしまえば、将来の世代はそのツケを負わされ、財政資源は枯渇してしまう。悲劇の主人公は将来の世代であり、 現在の世代は将来の世代に責任を負っているのである。 先人達や、新たな時代そして更にその先の時代の子供達に、平成時代の財政運営をどのように申し開くことができるのであろ うか。

(中略)

言うまでもなく、税財政運営の要諦は、国民の受益と負担の均衡を図ることにある。他方で、誰しも、受け取る便益はできるだ け大きく、被る負担はできるだけ小さくしたいと考えるがゆえに、税財政運営は常に受益の拡大と負担の軽減・先送りを求める フリーライダーの圧力に晒される。平成という時代は、人口・社会構造が大きく変化する中で、国・地方を通じ、受益と負担の乖 離が徒に拡大し、税財政運営がこうした歪んだ圧力に抗いきれなかった時代と評価せざるを得ない。

(中略)

新たな時代においては、財政健全化どころか一段と財政を悪化させてしまった平成という時代における過ちを二度と繰り返す ことがあってはならず、手をこまねくことは許されない。


[27234] 無題 投稿者:trimurti 投稿日:2019/05/01(Wed) 00:16  

女優遇男が生まれる背景。http://odasabu.com/archives/33


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso