雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[24527] 無題 投稿者:外野 投稿日:2017/09/08(Fri) 05:48  

愚さんの掲示板に入れなくなりました。サービス停止中だとか。


[24526] 無題 投稿者:外野 投稿日:2017/09/07(Thu) 22:33  

愚さんの言葉
 クリシュナムルティなどどうでもいい。
追記
 暴露本の出版以来、Kの本を読む人など世界には誰もいない。


[24525] Re:[24520] 無題 投稿者:外野 投稿日:2017/09/07(Thu) 22:29  

> http://6915.teacup.com/maitreya/bbs
>
> 掲示板を作成しました。ご来訪ください。

やっと自立されましたか。おめでとうございます。


[24524] Re:[24520] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2017/09/07(Thu) 22:22  

おやまあ。

自立したとのこと。しっかりやってください。


[24523] 『境界を超える英知〜人間であることの核心〜』 投稿者:宮啓 投稿日:2017/09/07(Thu) 22:14  

 『境界を超える英知〜人間であることの核心〜』(2017年2月初版発行)を読んでいます。

 様々なトークを編集した編集者には、とても驚きをもって読んでいます。

 新たに学ぶことが多く、しかも、クリシュナムルティ読者にとって盲点となっている箇所を汲んで収録しているように感じられます。

 この編集者(デヴィッド・スキット)は、クリシュナムルティ理解が高度に進んでいるようだ。


[24522] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/09/07(Thu) 21:37  

女性は家庭全体を愛する存在です。女性がきちんとしているとき、初めて理想的な子供が育ちます。男性は女性に一粒の涙もこぼさせてはなりません。もし家の中で女性が一粒でも涙をこぼすようであれば、その家のあらゆる富が消え失せてしまいます。ですから、女性が涙を流さないように気を配るのが男の責任です。しかし、現代の男性はこの真理を認識することができないでいます。彼らは、男性は重要な存在であると考えています。彼らは「プルシャ」という言葉の意味を知りません。彼らはプルシャとはズボンやシャツを着る方法の一つであると考えています。それはまったく違います。「プルシャ」とは、肉体に内在しているアートマ意識のことです。私たちに内在している動的意識こそがプルシャなのです。


[24521] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/09/07(Thu) 18:58  

https://soundcloud.com/taishi-ohira-745737342/prathitah please listen


[24520] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/09/07(Thu) 18:45  

http://6915.teacup.com/maitreya/bbs

掲示板を作成しました。ご来訪ください。


[24519] Re:[24518] [24515] [24514] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2017/09/07(Thu) 18:23  

> > > 結婚後の女性には、「ダルマパトニー」〔正しい妻/ダルマを守る主婦〕、「グリハラクシュミー」(家の女神)、「イッラール」〔家の女主人〕、「アルダーンギ」(男性の半身)等々の呼称があります。ところが、現代の女性は、これらの呼称にふさわしい働きをしようと努めることをせずに、「パドマシュリー」や「パドマビブーシャン」〔インドの国民栄誉章〕といったような称号を欲しがります。そのような称号を追い求めてはなりません。女性はまず第一に「ダルマパトニー」という名にふさわしい人にならなければいけません。あなたが「グリハラクシュミー」(家の女神)であるというのは、あなたは家庭に幸福と歓びをもたらす人であるということを意味します。夫の困難と苦しみの半分を我が身に引き受けて、それに耐える女性、それが家庭のダルマを操る人であり、「ダルマパトニー」(正しい妻)と呼ばれる人です。人は古代から伝えられるこのようなダルマに基づいたあり方を忘れてしまいました。そして、現代においては、完全にそれに反した道を進んでいます。
> >
> > それを言う前に、それが成り立つ前提を言わなければなるまい。そしてその前提がどういう時破壊されるかを言わねば空論になる。
> >
> > > しかし、今の時代にも善人は大勢います。純粋な心を持っている人はいます。そのような人々は、家庭の外でも一所懸命に仕事をしますが、同時に家庭も幸せに保っています。こうした女性の生活は模範的なものです。このように、家の外でどのような活動をしていようとも、女性にとって最も重要なのは、家庭の幸福と平安を築くことです。母親のいない家庭は穴があいたようです。ですから、女性は家庭の基盤のような存在なのです。女性は、理想的なやり方で、自分の子供の面倒を見、夫の世話をしなければなりません。その後でなら、どんなことでもすることができます。これが昔からの伝統的なあり方です。ところが、現代では何もかもがそうした伝統に逆行しています。一方、人々の中には女性は台所の外に出てはならないと考えている向きもありますが、決してそうようなことはありません。
> >
> > 母系制社会に何の問題もないという事だろうか。
>
> 女性が家庭の義務をおろそかにすると国が傾く。

その前に男性の在り方、社会の中での男性の在り方に目を向ける必要がある。どうしてそこに目が向かないのか疑問。ほんとに自立して考えているのだろうか?
社会の現実を見て自分の理解を話しているのだろうか?妙に異国語が出てくるが。


[24518] Re:[24515] [24514] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/09/07(Thu) 17:24  

> > 結婚後の女性には、「ダルマパトニー」〔正しい妻/ダルマを守る主婦〕、「グリハラクシュミー」(家の女神)、「イッラール」〔家の女主人〕、「アルダーンギ」(男性の半身)等々の呼称があります。ところが、現代の女性は、これらの呼称にふさわしい働きをしようと努めることをせずに、「パドマシュリー」や「パドマビブーシャン」〔インドの国民栄誉章〕といったような称号を欲しがります。そのような称号を追い求めてはなりません。女性はまず第一に「ダルマパトニー」という名にふさわしい人にならなければいけません。あなたが「グリハラクシュミー」(家の女神)であるというのは、あなたは家庭に幸福と歓びをもたらす人であるということを意味します。夫の困難と苦しみの半分を我が身に引き受けて、それに耐える女性、それが家庭のダルマを操る人であり、「ダルマパトニー」(正しい妻)と呼ばれる人です。人は古代から伝えられるこのようなダルマに基づいたあり方を忘れてしまいました。そして、現代においては、完全にそれに反した道を進んでいます。
>
> それを言う前に、それが成り立つ前提を言わなければなるまい。そしてその前提がどういう時破壊されるかを言わねば空論になる。
>
> > しかし、今の時代にも善人は大勢います。純粋な心を持っている人はいます。そのような人々は、家庭の外でも一所懸命に仕事をしますが、同時に家庭も幸せに保っています。こうした女性の生活は模範的なものです。このように、家の外でどのような活動をしていようとも、女性にとって最も重要なのは、家庭の幸福と平安を築くことです。母親のいない家庭は穴があいたようです。ですから、女性は家庭の基盤のような存在なのです。女性は、理想的なやり方で、自分の子供の面倒を見、夫の世話をしなければなりません。その後でなら、どんなことでもすることができます。これが昔からの伝統的なあり方です。ところが、現代では何もかもがそうした伝統に逆行しています。一方、人々の中には女性は台所の外に出てはならないと考えている向きもありますが、決してそうようなことはありません。
>
> 母系制社会に何の問題もないという事だろうか。

女性が家庭の義務をおろそかにすると国が傾く。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso