雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[24352] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/27(Sun) 13:55  

諸行無常印(梵: sarvasaṃskārā anityā)-「すべての現象(形成されたもの)は、無常(不変ならざるもの)である」
諸法無我印(梵: sarvadharmā anātmānaḥ)-「すべてのものごと(法)は、自己ならざるものである」
涅槃寂静印(梵: śāntaṃ nirvāṇaṃ)-「ニルヴァーナは、安らぎである」
一切行苦印(苦印)(梵: sarva duḥkha)-「すべての現象(形成されたもの)は、苦しみである」


[24351] Re:[24349] 源泉 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/27(Sun) 13:55  

> 常々感じるのだが、右脳前部や右足にエネルギーが集中している。
>
> 僕の源泉は金星なのだろうか?

アダムスキーは金星人だった。


右目 水星 直観 右脳 個人的無意識
左目 金星 理性 左脳 顕在意識
第三の目 土星 意志 間脳 集合無意識




[24350] Re:[24348] [24347] [24346] [24345] [24343] [24341] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/27(Sun) 13:52  

> > > > > > あらわれるのも自然。出てくるのも自然。ということだ。
> > > > > >
> > > > > > そのトータルなくつろぎがニルヴァーナ。
> > > > > >
> > > > > > ニルヴァーナとは、自我が消えて、全体と化したあなたなきあなた。
> > > > >
> > > > >
> > > > >
> > > > > 共時性とすら気づかなくなってきた共時性くらいのことですか?わかりやすくいうと。
> > > >
> > > > すべての波は海のなかにある。
> > > >
> > > > 海の中の波がいくら暴れても、寸刻のうちに海に帰る。
> > > >
> > > > そのように、人の感情や思いは「全体」から生じ「全体」にかえっていく。
> > > >
> > > > 全体の溶け込んだ部分は、全体と区別がなくなる。
> > > >
> > > > 夜の烏のように。
> > >
> > >
> > > あーっ、夜の鳥のようにの締めだけ、決まらんかった。
> >
> > 自由とは闇夜の烏だ。
> >
> > 自由の烏は、静寂をかき乱す大声で世界を破壊する。
> >
> > (形あるものは滅びる。創造されたものは必ず破壊される。それを嘆くな。諸行無常)
>
>
>
> 諸行無常でなんとかなる、って今朝親父が言ってました。

ただ、釈迦の功罪は、悟りなんてもんをでっちあげちまって、
この人生を苦と断じ、生きることの大切さを強調してこなかったため、多くの人が否定的なムードに勘違いしてしまったことにある。



[24349] 源泉 投稿者:南方 投稿日:2017/08/27(Sun) 13:37  

常々感じるのだが、右脳前部や右足にエネルギーが集中している。

僕の源泉は金星なのだろうか?


[24348] Re:[24347] [24346] [24345] [24343] [24341] 無題 投稿者:南方 投稿日:2017/08/27(Sun) 13:00  

> > > > > あらわれるのも自然。出てくるのも自然。ということだ。
> > > > >
> > > > > そのトータルなくつろぎがニルヴァーナ。
> > > > >
> > > > > ニルヴァーナとは、自我が消えて、全体と化したあなたなきあなた。
> > > >
> > > >
> > > >
> > > > 共時性とすら気づかなくなってきた共時性くらいのことですか?わかりやすくいうと。
> > >
> > > すべての波は海のなかにある。
> > >
> > > 海の中の波がいくら暴れても、寸刻のうちに海に帰る。
> > >
> > > そのように、人の感情や思いは「全体」から生じ「全体」にかえっていく。
> > >
> > > 全体の溶け込んだ部分は、全体と区別がなくなる。
> > >
> > > 夜の烏のように。
> >
> >
> > あーっ、夜の鳥のようにの締めだけ、決まらんかった。
>
> 自由とは闇夜の烏だ。
>
> 自由の烏は、静寂をかき乱す大声で世界を破壊する。
>
> (形あるものは滅びる。創造されたものは必ず破壊される。それを嘆くな。諸行無常)



諸行無常でなんとかなる、って今朝親父が言ってました。


[24347] Re:[24346] [24345] [24343] [24341] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/27(Sun) 12:52  

> > > > あらわれるのも自然。出てくるのも自然。ということだ。
> > > >
> > > > そのトータルなくつろぎがニルヴァーナ。
> > > >
> > > > ニルヴァーナとは、自我が消えて、全体と化したあなたなきあなた。
> > >
> > >
> > >
> > > 共時性とすら気づかなくなってきた共時性くらいのことですか?わかりやすくいうと。
> >
> > すべての波は海のなかにある。
> >
> > 海の中の波がいくら暴れても、寸刻のうちに海に帰る。
> >
> > そのように、人の感情や思いは「全体」から生じ「全体」にかえっていく。
> >
> > 全体の溶け込んだ部分は、全体と区別がなくなる。
> >
> > 夜の烏のように。
>
>
> あーっ、夜の鳥のようにの締めだけ、決まらんかった。

自由とは闇夜の烏だ。

自由の烏は、静寂をかき乱す大声で世界を破壊する。

(形あるものは滅びる。創造されたものは必ず破壊される。それを嘆くな。諸行無常)


[24346] Re:[24345] [24343] [24341] 無題 投稿者:南方 投稿日:2017/08/27(Sun) 12:37  

> > > あらわれるのも自然。出てくるのも自然。ということだ。
> > >
> > > そのトータルなくつろぎがニルヴァーナ。
> > >
> > > ニルヴァーナとは、自我が消えて、全体と化したあなたなきあなた。
> >
> >
> >
> > 共時性とすら気づかなくなってきた共時性くらいのことですか?わかりやすくいうと。
>
> すべての波は海のなかにある。
>
> 海の中の波がいくら暴れても、寸刻のうちに海に帰る。
>
> そのように、人の感情や思いは「全体」から生じ「全体」にかえっていく。
>
> 全体の溶け込んだ部分は、全体と区別がなくなる。
>
> 夜の烏のように。


あーっ、夜の鳥のようにの締めだけ、決まらんかった。


[24345] Re:[24343] [24341] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/27(Sun) 12:32  

> > あらわれるのも自然。出てくるのも自然。ということだ。
> >
> > そのトータルなくつろぎがニルヴァーナ。
> >
> > ニルヴァーナとは、自我が消えて、全体と化したあなたなきあなた。
>
>
>
> 共時性とすら気づかなくなってきた共時性くらいのことですか?わかりやすくいうと。

すべての波は海のなかにある。

海の中の波がいくら暴れても、寸刻のうちに海に帰る。

そのように、人の感情や思いは「全体」から生じ「全体」にかえっていく。

全体の溶け込んだ部分は、全体と区別がなくなる。

夜の烏のように。


[24344] Re:[24342] [24340] 愚さんの思想 投稿者:南方 投稿日:2017/08/27(Sun) 12:32  

> >  あちらの掲示板で、寓さんと南方さんの対話から、とりあげてみました。探求したいと思います。南方さんありがとうございます。これからもあちらで質問しようと思います。
> >
> >  愚さんの思想は、はじめに「意識」ありき。全体意識、統一意識。
> >  愚さんによると、禅並びにクリシュナムルティは、心一点張りで、身体をまったく考慮にいれていないということ。
> >  まさに心身一如。熱いお湯み手をふれたとたん。あっちちと手を引っ込めるのが自我。
> >
>
>
> ギャグですか?
>


言葉の並びかたで怒るのは面白い生き物ですね。人間って。



> > 「
> >  わかっていただければ、うれしいです。
> >  付け加えて説明すると、まず、意識があります。
> >  そこに分離感が生まれます。
> >  つまり、分離感のない意識(統一意識とかいうのか、悟りというのか?)、それが先なんです。
> >  つまり、分離感を持つ意識=無明は、統一意識の子供です。
> >  ですから、すべきことは、無明が溶けやすい状況をつくることです。
> >  ところが、一般的に無明の上に、統一意識を作ろうとしてしまいます。
> >  これは無明の上塗りです。
> >  別のいいかたをしましょう。わたしたちが、無明にあるということ自体が、統一意識が、すでにあることの証明なんです。
> >  ここのところをよく味わってください。
> >  だから、ターゲットは、統一意識を獲得することではなく、無明をなくせばいいだけのことです。
> >  そうすれば、統一意識はおのずから現れます。
> >  無明をなくすことは意図的にはできません。
> >  それは、無明と自己を分離してしまうからです。
> >  しかし、なにもしなければ、無明のままです。
> >  そこで、無明に注意するんです。気が付くようにするんです。これは、たとえば、回りにあるなにかに注目します。それは、テーブルでもパソコンでもいいんですが、それを注意して見つめます。
> >  しばらくたつと、分離の感覚がなくなってきていることに気が付くはずです。
> >  同じことが、無明との関係で起こります。対象が消えます。
> >  つまり、無明を利用して、無明を消すんです。
> >  無明が「あるがまま」です。
> >  「あるがまま」から始めるわけです。
> >  理論も知識もなにも必要ありません。
> >
> > ライナス・愚・スペースエクスプローラー
> >
> >  南方さんは分離感が消えるまで、パソコンとにらめっこしたようだが、パソコンをみつめれば分離の感覚はなくなっていく。
>
>
> すいません、嘘つきました。理屈だけです。
>
> >  その感覚が得たいから、いつも参禅会に行くのだろうか?
>
>
> 仮想参禅会ですね。
>
> >  しかし、現実はパソコンと相対している。
> >
>
> そうです。不思議です。


[24343] Re:[24341] 無題 投稿者:南方 投稿日:2017/08/27(Sun) 12:19  

> あらわれるのも自然。出てくるのも自然。ということだ。
>
> そのトータルなくつろぎがニルヴァーナ。
>
> ニルヴァーナとは、自我が消えて、全体と化したあなたなきあなた。



共時性とすら気づかなくなってきた共時性くらいのことですか?わかりやすくいうと。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso