雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[24342] Re:[24340] 愚さんの思想 投稿者:南方 投稿日:2017/08/27(Sun) 12:08  

>  あちらの掲示板で、寓さんと南方さんの対話から、とりあげてみました。探求したいと思います。南方さんありがとうございます。これからもあちらで質問しようと思います。
>
>  愚さんの思想は、はじめに「意識」ありき。全体意識、統一意識。
>  愚さんによると、禅並びにクリシュナムルティは、心一点張りで、身体をまったく考慮にいれていないということ。
>  まさに心身一如。熱いお湯み手をふれたとたん。あっちちと手を引っ込めるのが自我。
>


ギャグですか?

> 「
>  わかっていただければ、うれしいです。
>  付け加えて説明すると、まず、意識があります。
>  そこに分離感が生まれます。
>  つまり、分離感のない意識(統一意識とかいうのか、悟りというのか?)、それが先なんです。
>  つまり、分離感を持つ意識=無明は、統一意識の子供です。
>  ですから、すべきことは、無明が溶けやすい状況をつくることです。
>  ところが、一般的に無明の上に、統一意識を作ろうとしてしまいます。
>  これは無明の上塗りです。
>  別のいいかたをしましょう。わたしたちが、無明にあるということ自体が、統一意識が、すでにあることの証明なんです。
>  ここのところをよく味わってください。
>  だから、ターゲットは、統一意識を獲得することではなく、無明をなくせばいいだけのことです。
>  そうすれば、統一意識はおのずから現れます。
>  無明をなくすことは意図的にはできません。
>  それは、無明と自己を分離してしまうからです。
>  しかし、なにもしなければ、無明のままです。
>  そこで、無明に注意するんです。気が付くようにするんです。これは、たとえば、回りにあるなにかに注目します。それは、テーブルでもパソコンでもいいんですが、それを注意して見つめます。
>  しばらくたつと、分離の感覚がなくなってきていることに気が付くはずです。
>  同じことが、無明との関係で起こります。対象が消えます。
>  つまり、無明を利用して、無明を消すんです。
>  無明が「あるがまま」です。
>  「あるがまま」から始めるわけです。
>  理論も知識もなにも必要ありません。
>
> ライナス・愚・スペースエクスプローラー
>
>  南方さんは分離感が消えるまで、パソコンとにらめっこしたようだが、パソコンをみつめれば分離の感覚はなくなっていく。


すいません、嘘つきました。理屈だけです。

>  その感覚が得たいから、いつも参禅会に行くのだろうか?


仮想参禅会ですね。

>  しかし、現実はパソコンと相対している。
>

そうです。不思議です。


[24341] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/27(Sun) 10:08  

あらわれるのも自然。出てくるのも自然。ということだ。

そのトータルなくつろぎがニルヴァーナ。

ニルヴァーナとは、自我が消えて、全体と化したあなたなきあなた。


[24340] 愚さんの思想 投稿者:外野 投稿日:2017/08/27(Sun) 09:36  

 あちらの掲示板で、寓さんと南方さんの対話から、とりあげてみました。探求したいと思います。南方さんありがとうございます。これからもあちらで質問しようと思います。

 愚さんの思想は、はじめに「意識」ありき。全体意識、統一意識。
 愚さんによると、禅並びにクリシュナムルティは、心一点張りで、身体をまったく考慮にいれていないということ。
 まさに心身一如。熱いお湯み手をふれたとたん。あっちちと手を引っ込めるのが自我。


 わかっていただければ、うれしいです。
 付け加えて説明すると、まず、意識があります。
 そこに分離感が生まれます。
 つまり、分離感のない意識(統一意識とかいうのか、悟りというのか?)、それが先なんです。
 つまり、分離感を持つ意識=無明は、統一意識の子供です。
 ですから、すべきことは、無明が溶けやすい状況をつくることです。
 ところが、一般的に無明の上に、統一意識を作ろうとしてしまいます。
 これは無明の上塗りです。
 別のいいかたをしましょう。わたしたちが、無明にあるということ自体が、統一意識が、すでにあることの証明なんです。
 ここのところをよく味わってください。
 だから、ターゲットは、統一意識を獲得することではなく、無明をなくせばいいだけのことです。
 そうすれば、統一意識はおのずから現れます。
 無明をなくすことは意図的にはできません。
 それは、無明と自己を分離してしまうからです。
 しかし、なにもしなければ、無明のままです。
 そこで、無明に注意するんです。気が付くようにするんです。これは、たとえば、回りにあるなにかに注目します。それは、テーブルでもパソコンでもいいんですが、それを注意して見つめます。
 しばらくたつと、分離の感覚がなくなってきていることに気が付くはずです。
 同じことが、無明との関係で起こります。対象が消えます。
 つまり、無明を利用して、無明を消すんです。
 無明が「あるがまま」です。
 「あるがまま」から始めるわけです。
 理論も知識もなにも必要ありません。

ライナス・愚・スペースエクスプローラー

 南方さんは分離感が消えるまで、パソコンとにらめっこしたようだが、パソコンをみつめれば分離の感覚はなくなっていく。
 その感覚が得たいから、いつも参禅会に行くのだろうか?
 しかし、現実はパソコンと相対している。



[24339] 自我のプログラム変更 投稿者:南方 投稿日:2017/08/27(Sun) 05:49  

自我が混乱をきたさないようにプログラムできるでぇ〜

という何故か関西弁の天啓がありました。

でも、その動機が大事だとか。

今の僕の場合、他者と張り合うことに重点が置かれているので

だめだとか。


[24338] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/26(Sat) 22:02  

大海にきえた雫は、大海となったのだ。

自我vs全体 だったら最後は絶対後者が勝つ。

勝ち目はない。光明とは、全体に自我が降伏すること。

そのとき、もともと自我などどこにもなかったことに気づく。

それが、仏陀のいう諸法無我ということ。


[24337] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/26(Sat) 21:53  


計算外の不意に起こること、たとえば、恋に落ちたり、なにかに突然気づいたり、そういうことは自我のガードをゆるめてくれ、自然にもどしてくれる。


[24336] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/26(Sat) 21:26  

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883370952/episodes/1177354054883912926

詩作


[24335] Re:[24334] [24333] [24328] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/26(Sat) 19:57  

> > > 目の前にかがみがあるとする。
> > >
> > > その鏡をあなたは見ている。
> > >
> > > 不意に鏡が割れる。
> > >
> > > それが光明だよ。
> >
> >
> > いま、割れてるんですか?なんか世界違うんですけど。
> >
> > どう違う?言葉には表せられんよ。
>
> 疑念がどんどんわき上がってくる。

むかし、鏡見てたら、不意に鏡が割れたらどうなるんだろうなって思った。

そのとき、気づいた、人は水面に移る月のように自己を、観念としてイメージ形成してるのであって、それが壊れたととき、ありのままの自分を直接知ってるんだなぁ。って

そういう理屈なしに直観した。


[24334] Re:[24333] [24328] 無題 投稿者:南方 投稿日:2017/08/26(Sat) 19:52  

> > 目の前にかがみがあるとする。
> >
> > その鏡をあなたは見ている。
> >
> > 不意に鏡が割れる。
> >
> > それが光明だよ。
>
>
> いま、割れてるんですか?なんか世界違うんですけど。
>
> どう違う?言葉には表せられんよ。

疑念がどんどんわき上がってくる。


[24333] Re:[24328] 無題 投稿者:南方 投稿日:2017/08/26(Sat) 19:41  

> 目の前にかがみがあるとする。
>
> その鏡をあなたは見ている。
>
> 不意に鏡が割れる。
>
> それが光明だよ。


いま、割れてるんですか?なんか世界違うんですけど。

どう違う?言葉には表せられんよ。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso