雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[24231] 無題 投稿者:YHWH 投稿日:2017/08/21(Mon) 22:53  

それは普段は小さいが、勃起すると大きくなる。

それと同じように、万物にやどる意志は、精妙でわずかにみえても、
すべてを知る。

仏陀が言っただろ、すべてが悟ってる。

すべてが仏陀だって、
すべてが全知なんだよ。

これが一切生類悉有仏性という意味だ。


[24230] 無題 投稿者:YHWH 投稿日:2017/08/21(Mon) 22:49  

矮小だと思われているが、実は巨大な潜在力をひめているのは、

意志である。

万物にやどる意志は全知であり、天と地を支配し、

思考なしにものごとを知る。

意志は男根のようだ。

愛が子宮ならば。




[24229] 無題 投稿者:YHWH 投稿日:2017/08/21(Mon) 22:22  

恋愛すると他者について考える。

しかし、他者の思考を直観的にしる。ということがある。

覚者とは、闇夜のカラスのごとしといわれたには理由がある。


それは無思考を達成し、全体と調和し、もはや抵抗する自我、マインドがないことを意味する。


[24228] 無題 投稿者:YHWH 投稿日:2017/08/21(Mon) 21:36  

ありのままの感情、嫉妬、怒り、無知などが、すべて仏であるということがわかるだろうか?

感情を名づけるな。

それはエネルギーにすぎない。


善悪の判断はあなたの観念だ。

名づけることによってそれは葛藤を生んでいるにすぎない。

そして、覚者にとっては、感情は存在しない。


[24227] Re:[24224] [24203] 個人とは 投稿者:ゴト 投稿日:2017/08/21(Mon) 18:50  

> > ここに書いた個人はもちろん人間の個体のことですが、個人とは何か?、言葉として知ってはいるが、その実際を自分なりに深く考えたことはなかった。それを考えるとともに、群れや社会についても考えていこうと思っている。
> >
> > 現実の個人は様々な体格、人格を持ち、多様であるが、精神的には似たり寄ったりで同じような問題をもって差がないとKは言う。そして精神は思考により断片化して矛盾を内部に孕んでいる。したがって統合された個人はいないともいう。
> >
> > それで自分の心の状況を探究のために言うなら、静かに感じていればわかることだが、種々のコンプレックスや肉体の各部の反応というかフィードバックが、変わり(事件)のあった時に起こる。
> >
> > それはめったに起こりはしないが、起こればわかる。たとえばガッツ(腸)などは言葉は使えないらしく、グフッという感じでうねるとか。
> > それは私は当時仕事で、少しうまく行きだして、それでも絶対油断してはならぬと心を鉄の意志で引き締めていた。それがさすがにもういいかなと思った瞬間、反応が起こった。
> >
> > それが自己が、それは人間のシンクタンクなのだろうか、初めて自分自身の個体の中での他の部分の反応を知った時です。
> >
> > 今では自己はかなり静かに自分や世界を観照しています。全体が動いていくのについていくという感じです。わからないけれど、自分が見、聴き感じることが、個体全体の情報となっている感じです。自己は自分という個体の統治者です。以前の自己は独裁的でした。今は統合者的になって自分の意志と身体ほかの部分とは大きな矛盾なしに生きているようです。

ここまでのコメントは明確ではありませんね。個人のことはおいて、もっと一般的にはっきり言ってみます。

結局、自我の終焉とか、心が空になる事、あるいは既知のものから自由であるという状態は、自我、あるいは自己の計らい、自分が何とかしなければという幻想・錯覚が終わり、自分が肉体やマインドを含めた全体的存在であり、他人、社会、自然と離れていない動的な存在であることをわかって、マインドがその持ち分を果たしている状態とでも言いましょうか。

> >
> > 国家の統治者は民衆の個人の自己のありようの反映なのだろうか?
> >
> > 人を群れとして見る時、国家の中にいくつかの群れの流れという見方を入れる必要がないだろうか? これが今の私の中にある疑問です。

さらに補足するとヒトは遺伝子、社会的自然的環境に恵まれるか否かで、世界的にいくつかの階層というか、格差というか、群れ、別れた流れを作る気がします。恵まれた人と恵まれない人、反抗の思いを持つ人等。人間の平等をうたう事は簡単ですが、冷厳な事実というものがあります。人類という種はこれに関してどのような対応のエネルギーを持っているのでしょうか?

> >
> > 余談 米国にオピオイド中毒が蔓延。
> >
> > 中国は昔アヘンが蔓延していた。人の働く気をなくすという。中国共産党が絶滅したと聞く。どうしたかはしらない。
> > 心理的問題ではあろうが、政治の力がいるのではないか。これはどのようにして起こるのか? アメリカにとっては戦争どころではない問題かもしれない。
>
>
>
>  自然科学的には、個人は2種のデータのようです。一つは遺伝子情報、もうひとつは脳内のネットワーク情報(記憶や配線状況等)。つまるところ、「個人」とは「2枚のDVDデータ」ということです。

そうなんですが、人間のそれは可塑性を持つというか、動的なものです。スタティックな普通のDVDではありません。

>  これは、クリシュナムルティの死が迫ったインドでの対話で、クリシュナムルティがそれとなくほのめかしています(『明日が変わるとき』参照)。その対話の中で、クリシュナムルティが注目する事項として、コンピュータ技術と遺伝子研究の今後の発展が重要との旨、陳述していることと不思議ながら重なって見えます(あれから30年後に、2種のデータの概念が発見されました)。
>
>  クリシュナムルティは、「思考」は機械的である、物質的であるとしばしば述べますが、それがようやくここにきて自然科学的に認められつつあるということです。
>
>  「私」は存在せず、2枚のDVDがあるだけ。これが今後、人の世に真実として周知してゆけるのか・・。ただし、唯物論としてではなく、この2枚のDVDを超えたところに、人の独自性(ユニークネス)、すなわち生の本然性があるという、真理を周知してゆけるのか。

しかし脳内の配線状況というのは1000億と言われる神経細胞が、DVDやcpのように直列ではなく、6階層の膨大な並列回路で、一つの神経細胞がめちゃくちゃ多くの数のほかの神経細胞とつながっている。それをシュミレーションするには量子コンピュータの開発が必要だろう。遺伝子がDVDだというのはその通りだと思うが突然変異というものがある。

唯物論でなく、その先に何かがあるという事はまだ不明だと私は思います。私にはわかりません。その先に何かがあるという方に、なぜそう思うかの理由を聞きたいと思います。

>  とにもかくも、クリシュナムルティは自然科学にフィットしているようです。又、自然科学はクリシュナムルティを支えてくれるように感じます。

創造という事があります。これが科学の範囲内にあるかどうか教えてください。


[24226] Re:[24223] [24220] [24219] [24215] [24213] [24202] [24201] [24199] 生と死 投稿者:南方 投稿日:2017/08/21(Mon) 17:15  

> >
> >
> > >  「死」という言葉を使われますが、「死」と「生」は対語です。現実には生も死もないのではないですか。すべては形を変えて流転しているだけです。
> > >  生成流転。(心理的に)死ぬことが生きること。
> > >
> >
> >
> > そうですね。だから不思議なのです。恐怖があることが。
>
>  恐怖心がないと、ライオンや熊に食われます。たとえば恐怖心のない赤ちゃんが、ライオンや熊に近づくと餌になるでしょう。


童話で何も差し上げるものがないからと、火の中に飛び込み自らの肉を捧げものとする兎の話が頭から離れません。
私も熊もライオンも兄弟であり本質的には区別がない。
もう死にそうだというライオンを前にして人間は童話の兎になれるか。そうでありたいと思う。
またそのような態度でライオンや熊と対峙した時、果たして彼らは襲ってくるだろうか。



>  それと、会社をクビになったらどうしょう。リストラされたら。そっちの方が恐怖の対処の方が重要です。


何の因果かことお金だけに関しては不自由がなく、またそれ故に以前は不安も大きかったのですが今はだいぶ削ぎ落とされました。


>  さきのことを考えたら不安をおぼえる。Kのいうのは、そういった心理的恐怖を指します。


莫大な財産がなくなったらどうしよう、等考えれば不安になる。


>  人間というのは個体を守るという自己防衛本能がある。その一貫として恐怖があります。身を守ると言う。だから交通事故に気をつける。
>  だからといって車をみて恐怖を怯える人はいない。


皆が本質的には自他の区別はないと悟った時、荒々しい運転をするだろうか。自分で自分を破壊するようなことを。


話はKに戻ります

Kの講和を読み、知識と感情が一緒になった時が経験であると先程しりなるほどそうかと思った次第です。これはKの言っていることを経験するという時に役に立つ一節でした。





[24225] インド思想と七つのイニシエーション 投稿者:YHWH 投稿日:2017/08/21(Mon) 11:22  

1ニヤーヤ学派 - 論理学
2ヴァイシェーシカ学派 - 自然哲学
3サーンキヤ学派 - 精神原理・非精神原理の二元論
4ヨーガ学派 - 身心の訓練で解脱を目指す。
5ミーマーンサー学派 - 祭祀の解釈
6ヴェーダーンタ学派 - 宇宙原理との一体化を説く神秘主義

7番目は、アートマヴィディヤーつまり、タントラ(秘教)の教えである。

これらは七つの原理と関係する。







[24224] Re:[24203] 個人とは 投稿者:宮啓 投稿日:2017/08/21(Mon) 10:53  

> ここに書いた個人はもちろん人間の個体のことですが、個人とは何か?、言葉として知ってはいるが、その実際を自分なりに深く考えたことはなかった。それを考えるとともに、群れや社会についても考えていこうと思っている。
>
> 現実の個人は様々な体格、人格を持ち、多様であるが、精神的には似たり寄ったりで同じような問題をもって差がないとKは言う。そして精神は思考により断片化して矛盾を内部に孕んでいる。したがって統合された個人はいないともいう。
>
> それで自分の心の状況を探究のために言うなら、静かに感じていればわかることだが、種々のコンプレックスや肉体の各部の反応というかフィードバックが、変わり(事件)のあった時に起こる。
>
> それはめったに起こりはしないが、起こればわかる。たとえばガッツ(腸)などは言葉は使えないらしく、グフッという感じでうねるとか。
> それは私は当時仕事で、少しうまく行きだして、それでも絶対油断してはならぬと心を鉄の意志で引き締めていた。それがさすがにもういいかなと思った瞬間、反応が起こった。
>
> それが自己が、それは人間のシンクタンクなのだろうか、初めて自分自身の個体の中での他の部分の反応を知った時です。
>
> 今では自己はかなり静かに自分や世界を観照しています。全体が動いていくのについていくという感じです。わからないけれど、自分が見、聴き感じることが、個体全体の情報となっている感じです。自己は自分という個体の統治者です。以前の自己は独裁的でした。今は統合者的になって自分の意志と身体ほかの部分とは大きな矛盾なしに生きているようです。
>
> 国家の統治者は民衆の個人の自己のありようの反映なのだろうか?
>
> 人を群れとして見る時、国家の中にいくつかの群れの流れという見方を入れる必要がないだろうか? これが今の私の中にある疑問です。
>
> 余談 米国にオピオイド中毒が蔓延。
>
> 中国は昔アヘンが蔓延していた。人の働く気をなくすという。中国共産党が絶滅したと聞く。どうしたかはしらない。
> 心理的問題ではあろうが、政治の力がいるのではないか。これはどのようにして起こるのか? アメリカにとっては戦争どころではない問題かもしれない。



 自然科学的には、個人は2種のデータのようです。一つは遺伝子情報、もうひとつは脳内のネットワーク情報(記憶や配線状況等)。つまるところ、「個人」とは「2枚のDVDデータ」ということです。

 これは、クリシュナムルティの死が迫ったインドでの対話で、クリシュナムルティがそれとなくほのめかしています(『明日が変わるとき』参照)。その対話の中で、クリシュナムルティが注目する事項として、コンピュータ技術と遺伝子研究の今後の発展が重要との旨、陳述していることと不思議ながら重なって見えます(あれから30年後に、2種のデータの概念が発見されました)。

 クリシュナムルティは、「思考」は機械的である、物質的であるとしばしば述べますが、それがようやくここにきて自然科学的に認められつつあるということです。

 「私」は存在せず、2枚のDVDがあるだけ。これが今後、人の世に真実として周知してゆけるのか・・。ただし、唯物論としてではなく、この2枚のDVDを超えたところに、人の独自性(ユニークネス)、すなわち生の本然性があるという、真理を周知してゆけるのか。

 とにもかくも、クリシュナムルティは自然科学にフィットしているようです。又、自然科学はクリシュナムルティを支えてくれるように感じます。



[24223] Re:[24220] [24219] [24215] [24213] [24202] [24201] [24199] 生と死 投稿者:外野 投稿日:2017/08/21(Mon) 09:43  

> > 意識の光?

> 意識するという単純なことです。

 自身の内面に、意識の光を照らせば闇は消える。確かに。
 闇とは不安、恐怖。
>
>
> > > 確かにその不安を日常的に抱え込んだら生活に支障をきたすでしょう。しかし、その不安を闇に葬ることと光に当て(ここの掲示板流でいくと見て)消化していくこととは別だと思います。

 光を当てることによって恐怖不安を闇に葬る。おっしゃっている意味がわかる気がします。

>それが死と向き合う生の生き方。心理的死を通して、肉体的死と向き合う。

 あなた流の向き合い方。
> >
> >  おっしゃる意味がよくわかりません。クリシュナムルティは肉体の死に向き合うなどとは一言もいっていないように思います。心理的死だけです。
> >  実際の死にまつわる恐怖、不安を捨てよと言っている。考えてもしょうがないので。ようするに心理的イメージを捨てる。
> >  瞬間瞬間、(古い思考)を捨てていく。
> >  Kのどこかの本で、ある人が罪を犯し、死刑を受けたら、その事実を素直に受け入れるとある。つまり心理的にじたばたしても、どうしょうもないということだ。肉体の死に向きあうとしたらその場合。又一般では癌か何かで余命幾年といわれたとき。そのとき死というものにはじめて向き合うということになるのではないか。普段の生活では死ということを考える必要はないでしょう。
> >
>
>
> 必要ないですかね。では、ここは僕にとって必要ということにします。

 はい。わかりました、命は大切にしてください。苦行はもってのほか。
 肉体を酷使すると、精神に支障を来すことが報告されている。

>で、いま肉体的死に思考の方向を向けるのですが、心臓がドキドキして漠然とした不安がある。それを捨てていく。いつもやるわけではないですが、気が向いた時にはこれをやる、ということをしていけたら、自分と言うものをよく知れるのではないかと思います。

 崖のそば。高層ビルの屋上にいくと、ビクビクします。足がすくみます。登山家の話しを聞くと、いつも死と隣り合わせだと言う。気が緩むと墜落する。
>
>
> >  「死」という言葉を使われますが、「死」と「生」は対語です。現実には生も死もないのではないですか。すべては形を変えて流転しているだけです。
> >  生成流転。(心理的に)死ぬことが生きること。
> >
>
>
> そうですね。だから不思議なのです。恐怖があることが。

 恐怖心がないと、ライオンや熊に食われます。たとえば恐怖心のない赤ちゃんが、ライオンや熊に近づくと餌になるでしょう。
 それと、会社をクビになったらどうしょう。リストラされたら。そっちの方が恐怖の対処の方が重要です。
 さきのことを考えたら不安をおぼえる。Kのいうのは、そういった心理的恐怖を指します。
 人間というのは個体を守るという自己防衛本能がある。その一貫として恐怖があります。身を守ると言う。だから交通事故に気をつける。
 だからといって車をみて恐怖を怯える人はいない。
 熊が恐いというのは、襲われると死ぬことがインプットされてるから。実用的な恐怖。先生、指導者、コーチにいつも怒られる。だから怖い。「心理的恐怖」。




[24222] Re:[24221] [24219] [24215] [24213] [24202] [24201] [24199] 生と死 投稿者:外野 投稿日:2017/08/21(Mon) 09:13  


> 修行もメソッドも本格的にしたことはないですが、確かに自分にはそのような傾向があると自覚します。
> 神智学がそのような思想を持っていることは知りませんでしたが、シュタイナーには影響を受けているので。
> 気を付けます。

 シュタイナーは人智学です。今、神奈川の藤野で、シュタイナー学校があります。魂の教育。今も大きな本屋に平積みされている。
 クリシュナムルティも同時代で、同じ神智学の出身。クリシュナムルティの普及は日本で大きく立ち後れてしまった。その差はどこにあるのだろうか。
 同時代に一世を風靡したスワミ・ラジネーシ(和尚)、今でも本屋に平積みされているのは普及活動の賜物だろう。クリシュナムルティはというと本棚の片隅に置かれているだけである。「片隅からの自由」。

 ですので、何でも参考にすることです。これがいい。これはだめというのはありません。
 クリシュナムルティは座禅というか、そのような形に現れた修業方式を否定していますが、愚さんの掲示板では座禅をやっている方々がいます。愚さんは掲示板にもどったようです。あの方は、常日頃「接心」というものを実践しておられるようで。ただ座る。
 ですから自分にあったものを選べば言いわけです。中にはクリシュナムルティはあわないという人も多数います。それで信仰の道へ。そういう方を何人も見てきました。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso