雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[24267] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/23(Wed) 16:17  

現代の悟りを語ってる女たちは、悟ってなんかいないし、ただの自己顕示欲から悟りと言ってるにすぎない。

女性にとっての悟りとは、愛情であり、愛情を通じての人格の成熟だ。それは、普通は、愛する人との恋愛である。




[24266] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/23(Wed) 16:14  

女には真実を知ろうとする欲動がない。

仏陀はそれを知ってて、女性は悟れないと言った。


それは客観的真実にたいする意志がないからだ。

これは性科学的分析からわかる。

つまり、女の秘所を見たいと言う男はいるが、逆を見たいと言う女は少ない。

性的欲動は真実への意志なので、女にはそれが少ないのがわかる。

今日の男性化した女たちをみて、男女差がちじまった。と喜んでいる似非フェミニストよりも、女は悟れない。といった仏陀は百倍真実だったのである。

客観的で、真実な女なんてのはない。

女の技巧はうそをつくことであり、見せ掛けの美しさである。




[24265] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/23(Wed) 16:02  

男らしい男性がいないと女は男性化する。

なぜなら女性性を女性が開示するのは、男らしい男にたいしてだけであるから。


[24264] Re:[24227] [24224] [24203] 個人とは 投稿者:南方 投稿日:2017/08/23(Wed) 15:45  

> >
> >
> >
> >  自然科学的には、個人は2種のデータのようです。一つは遺伝子情報、もうひとつは脳内のネットワーク情報(記憶や配線状況等)。つまるところ、「個人」とは「2枚のDVDデータ」ということです。
>
> そうなんですが、人間のそれは可塑性を持つというか、動的なものです。スタティックな普通のDVDではありません。
>
> >  これは、クリシュナムルティの死が迫ったインドでの対話で、クリシュナムルティがそれとなくほのめかしています(『明日が変わるとき』参照)。その対話の中で、クリシュナムルティが注目する事項として、コンピュータ技術と遺伝子研究の今後の発展が重要との旨、陳述していることと不思議ながら重なって見えます(あれから30年後に、2種のデータの概念が発見されました)。
> >
> >  クリシュナムルティは、「思考」は機械的である、物質的であるとしばしば述べますが、それがようやくここにきて自然科学的に認められつつあるということです。
> >
> >  「私」は存在せず、2枚のDVDがあるだけ。これが今後、人の世に真実として周知してゆけるのか・・。ただし、唯物論としてではなく、この2枚のDVDを超えたところに、人の独自性(ユニークネス)、すなわち生の本然性があるという、真理を周知してゆけるのか。
>
> しかし脳内の配線状況というのは1000億と言われる神経細胞が、DVDやcpのように直列ではなく、6階層の膨大な並列回路で、一つの神経細胞がめちゃくちゃ多くの数のほかの神経細胞とつながっている。それをシュミレーションするには量子コンピュータの開発が必要だろう。遺伝子がDVDだというのはその通りだと思うが突然変異というものがある。
>
> 唯物論でなく、その先に何かがあるという事はまだ不明だと私は思います。私にはわかりません。その先に何かがあるという方に、なぜそう思うかの理由を聞きたいと思います。
>
> >  とにもかくも、クリシュナムルティは自然科学にフィットしているようです。又、自然科学はクリシュナムルティを支えてくれるように感じます。
>
> 創造という事があります。これが科学の範囲内にあるかどうか教えてください。



BLAMEというアニメを見ました。
なんでもそのアニメは黙示録後の世界を描いているんだとか。
まぁ、内容はターミネーターとたいして変わりはないのですが。つまり、人間が機会に駆逐されるという内容です。



これらの映画やアニメのように機械に駆逐され、人類が滅亡しようとも、私たちはまた、見えない存在として機械に宿り、神のような存在になるかもしれない。
神とは、精神とは創造とは、そういう意味で具体的に考えると
人間という機械のひとつ前の、滅亡した(人間に滅亡させられた)存在なのではないかという、想像をした。






[24263] 人間として花のように生きる 投稿者:南方 投稿日:2017/08/23(Wed) 15:24  

花は人間のようにとは思えず、花として生きるしかないが

人間は人間と己で知りながら花のように生きることができる。

これこそが、人間の人間たる究極の徳性ではないだろうか。


[24262] Re:[24261] [24257] [24227] [24224] [24203] 個人とは 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/23(Wed) 13:10  

>
> > エイリアン(地球外知的生命体)の高度な文明。詳しくは知りませんが。
>
>  現在のアカデニズムの学会で、そういった異端的なことをいうと、追放されます。既成の権威が巾を利かす。
>  今まで大半の人間をあやつったきたキリスト教。権威が巾を利かし、異端なことをはりつけにしてきた。そして、ときの権力者は宗教界と結託し、その宗教を利用して、民衆を手名付けてきた歴史がある。
>  余談だが宗教壁画に、UFOらしきものがうつっているの多々ある。インドの叙事詩マハバーラタ、聖書にもUFOの記述が在る。
>  山本佳人著「キリスト宇宙人説」「聖書とUFO」「仏典とUFO」絶版。
> >
> > ホーキングは言っています。
> >
> > それはアメリカの先住民がコロンブスに出会うようなものだと。先住民は、どうなったか?地球はどうなったか。
>
>  地球外生命が、古代の地球を尋ねたとき、先住民の方々はビックリしたでしょう。そのときの原住民は異星人を神と崇めるのも無理はありません。
>  有名なアスカの地上絵は宇宙人に向けてのもの。
>  その巨大な石をどうやって動かしたのか、今もって地球の科学は解けない。
>  ピラミッドの巨大建造物は何のためにあるか。
> >
> > 少なくとも、先住民は喜ばしいことだとは思わなかったと。
> >
> >
> > エイリアンに私たちは見逃してもらっていると。
>
>  その手の本はたくさんあります。最近驚いたのは人間、恐竜共存説。これにはびっくり。いかに現代科学がいいかげんか。メキシコでの土偶。南米の石にも恐竜の絵が。現代のアカデニズムは説明できない。
>  説明できないのがオーパーツ。地球上でごまんとある。
>  ですから、私は既存の科学、学校で教わったものには興味がない。

昔、恐竜に人間は食べられていた。いま、人間が動物を食べているのはそのときのカルマ。


[24261] Re:[24257] [24227] [24224] [24203] 個人とは 投稿者:外野 投稿日:2017/08/23(Wed) 10:49  


> エイリアン(地球外知的生命体)の高度な文明。詳しくは知りませんが。

 現在のアカデニズムの学会で、そういった異端的なことをいうと、追放されます。既成の権威が巾を利かす。
 今まで大半の人間をあやつったきたキリスト教。権威が巾を利かし、異端なことをはりつけにしてきた。そして、ときの権力者は宗教界と結託し、その宗教を利用して、民衆を手名付けてきた歴史がある。
 余談だが宗教壁画に、UFOらしきものがうつっているの多々ある。インドの叙事詩マハバーラタ、聖書にもUFOの記述が在る。
 山本佳人著「キリスト宇宙人説」「聖書とUFO」「仏典とUFO」絶版。
>
> ホーキングは言っています。
>
> それはアメリカの先住民がコロンブスに出会うようなものだと。先住民は、どうなったか?地球はどうなったか。

 地球外生命が、古代の地球を尋ねたとき、先住民の方々はビックリしたでしょう。そのときの原住民は異星人を神と崇めるのも無理はありません。
 有名なアスカの地上絵は宇宙人に向けてのもの。
 その巨大な石をどうやって動かしたのか、今もって地球の科学は解けない。
 ピラミッドの巨大建造物は何のためにあるか。
>
> 少なくとも、先住民は喜ばしいことだとは思わなかったと。
>
>
> エイリアンに私たちは見逃してもらっていると。

 その手の本はたくさんあります。最近驚いたのは人間、恐竜共存説。これにはびっくり。いかに現代科学がいいかげんか。メキシコでの土偶。南米の石にも恐竜の絵が。現代のアカデニズムは説明できない。
 説明できないのがオーパーツ。地球上でごまんとある。
 ですから、私は既存の科学、学校で教わったものには興味がない。


[24260] Re:[24258] [24257] [24227] [24224] [24203] 個人とは 投稿者:外野 投稿日:2017/08/23(Wed) 10:16  


> 宇宙人は高どに発達した人たちです。
>
> アダムスキーや、ベンジャミンクレームの本を読んだらわかります。
>
> 彼らは攻撃したりするような人ではありません。

 ジョージアダムスキーというのは、地球上での最大の哲学者。彼程賞賛された人はいない。反面この人ほど迫害を受けた人はいない。
 彼曰く
 太陽系の中の惑星は、すべて人が住んでいて、その中で地球が最低の星。もっとも文明が遅れている。精神も科学技術も。その対極は金星。イエスは金星からの使者。使命があって地球に来誕。結果はご存知のとおり。
 アダムスキーの空飛ぶ円盤搭乗記はいわば秀逸。いわば金星紀行。
 信じるか信じないかはあなた次第。それはともかく、彼の「宇宙哲学」はまりにも素晴らしい。古代インド、ウパニシャッド哲学と並ぶ。

 もう一人ベンジャミンクレームとは、シェアインターナショナルの人間では。彼の団体は,今もって啓蒙活動を続けている。

 なお。異星人が人類誕生以来、行き来しているのは、紛れもない事実。世界中のその証拠が残っている。
 ところが、頑迷な科学者共は、権威をかざし、その事実を認めようとはしない。世界中でUFOが現れているというのに。
 ネアンデルタール人からクロマ二オン人に突然変異したのは、異星人が品種改良をしたからである。
 映画のように異星人が地球に攻撃をかけたりしない。一番恐れているのは核の暴走。だから密かに彼らは監視の目を向けている。


[24259] Re:[24256] 無題 投稿者:外野 投稿日:2017/08/23(Wed) 09:55  

> 全知でありたい、地に足のついた自信が欲しい。
>
> 過去の因果を知り尽くし、持てる潜在能力のすべてを開花させたい。
>
>
> https://www.youtube.com/watch?v=aY7sB4NRRcI

前から気になっていたが、この「貼付け」というのは許されるのだろうか?


[24258] Re:[24257] [24227] [24224] [24203] 個人とは 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/23(Wed) 09:34  

> >
> > 唯物論でなく、その先に何かがあるという事はまだ不明だと私は思います。私にはわかりません。その先に何かがあるという方に、なぜそう思うかの理由を聞きたいと思います。
> >
>
>
>
> エイリアン(地球外知的生命体)の高度な文明。詳しくは知りませんが。
>
> ホーキングは言っています。
>
> それはアメリカの先住民がコロンブスに出会うようなものだと。先住民は、どうなったか?地球はどうなったか。
>
> 少なくとも、先住民は喜ばしいことだとは思わなかったと。
>
>
> エイリアンに私たちは見逃してもらっていると。

宇宙人は高どに発達した人たちです。

アダムスキーや、ベンジャミンクレームの本を読んだらわかります。

彼らは攻撃したりするような人ではありません。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso