雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[26787] Re:[26784] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2019/03/26(Tue) 10:32  

> >人間は愚かな生き物だが、真情から生きたことが跡を残さない記憶として残るようだ。
>
> 人間は「愚か」な生き物か?
>
> 戦争ばかりしてるから? その「愚か」と判定するのは誰か?
> 何と比較して、「愚か」と判定するのか、という疑問が出てくる。

自分の生きざまを見ると比較でなくわかる。「愚か」というと興奮する人もいるので、幼いというとどうだろう。
人はだれしも幼いところから成長するので、差はない。嫉妬や独占欲も幼い時はそれが真情としてあるのではなかろうか。

だが戦争はどうだろう。愚かな所業と言って悪いなら、人類がまだ幼いと言ってもいいが、軍備なんて無駄遣いだぜ。人同士の対立を話し合いで何とかするだけなんだが、なぜこうなる?


[26786] 幸福を味わう 投稿者:無明 投稿日:2019/03/26(Tue) 10:04  

家族と共に幸福に生きる。
人間これ以上のものはないだろう。
地球上では、それさえにままならない人が多数いるのだから。

あとは残された生を、一つ一つ噛みしめて、味わって生きるのみである。「時間」を大切にしながら。


[26785] 無題 投稿者:無明 投稿日:2019/03/26(Tue) 09:17  

自分の身の回りには、真摯な人、立派な人はいくらでもいるということだ。有名無名も交えて。

追記
平成ももうじき終わる。その終わりとともにこの掲示板からも、消えようと思う。


[26784] 無題 投稿者:無明 投稿日:2019/03/26(Tue) 09:11  

>人間は愚かな生き物だが、真情から生きたことが跡を残さない記憶として残るようだ。

人間は「愚か」な生き物か?

戦争ばかりしてるから? その「愚か」と判定するのは誰か?
何と比較して、「愚か」と判定するのか、という疑問が出てくる。


[26783] Re:[26782] 無題 投稿者:宮啓 投稿日:2019/03/25(Mon) 20:01  

> この頃探究することがなくなって、何を書いたらいいかわからなくなった。仕方がないのでお手紙ならぬ、随想(エッセー)を書くことにした。
>
> 今日、娘と孫娘が、そのまた娘、つまりあとひと月ほどで満一歳を迎えるひ孫を連れてやってきた。
>
> 時々来るので別に改まったことがあるわけではなく、ひ孫を好きにふるまわせ、みんなが遊んで、見守っているだけだ。
>
> 皆が生を受け、その中に何のこだわりもなく生きていることが幸せそのものなのだろう。ちなみにいうと、昔、私は妻としょっちゅうケンカしていたものだ。それが何でけんかしていたのかどうしても思い出せない。妻に聞いてみると妻も思い出せないという。真情から触れ合った時だけが記憶されている。
>
> 人間は愚かな生き物だが、真情から生きたことが跡を残さない記憶として残るようだ。


 真情から生きることは難しいことですね。

 仕事は、サラリーのために生きると、真情からの仕事は難しい。

 余暇の日は、娯楽に生きると、真情から生きることが難しい。

 人との関係も、取引関係を脱することは難しい。


[26782] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2019/03/25(Mon) 18:18  

この頃探究することがなくなって、何を書いたらいいかわからなくなった。仕方がないのでお手紙ならぬ、随想(エッセー)を書くことにした。

今日、娘と孫娘が、そのまた娘、つまりあとひと月ほどで満一歳を迎えるひ孫を連れてやってきた。

時々来るので別に改まったことがあるわけではなく、ひ孫を好きにふるまわせ、みんなが遊んで、見守っているだけだ。

皆が生を受け、その中に何のこだわりもなく生きていることが幸せそのものなのだろう。ちなみにいうと、昔、私は妻としょっちゅうケンカしていたものだ。それが何でけんかしていたのかどうしても思い出せない。妻に聞いてみると妻も思い出せないという。真情から触れ合った時だけが記憶されている。

人間は愚かな生き物だが、真情から生きたことが跡を残さない記憶として残るようだ。


[26781] イチロー引退 投稿者:無明 投稿日:2019/03/23(Sat) 09:35  

イチローが引退した。
彼曰く、日々起きる「葛藤」に対して、逃げてしまうのではなく、
葛藤に、直(じか)に直面すること。親身につきあうこと。

この「親身」について、新しい芽氏の言葉を思い出した。
怒りに、非難正当化なしに、気づいているとき、
怒りに、親身に、いい悪いなしに気づいているとき、もうそこには「怒り」というものはない。

ようするに、特定の「思い」というものに対して、執着していなければ、おのずと消えていくということだ。



[26780] 葛藤の終わり 投稿者:南方 投稿日:2019/03/22(Fri) 19:31  

思考を見ていたら、フッと思考が葛藤馬鹿らしい、と呟いて、その後、葛藤がなくなった。思考自身が気づくとはこういうことかと気づいた。


[26779] Re:[26775] [26772] 注意とはっきり見ること。 投稿者:無明 投稿日:2019/03/20(Wed) 12:02  


> > 不注意の状態に気づく、というのは矛盾した表現です。新しい芽氏は、このようには使っていません。気づいているか、気づいていないか、それだけです。
>
> そうなんですが、一日中気づいているならともかく、凡人は気づいている時は少なくて、気づいていない時の方が多い。その間に気づいていないから、気づいているに切り替わる瞬間があるでしょう?そのときのことを言っています。

「気づいている」状態というのは。我々に全然ないかというと、そうではないでしょう。
何かに興味があって、何かを見るときは、当然、思考なしに見るでしょう。当たり前ですが。
思考まみれで、見ているわけではないでしょう。それだと、見たいものをよく観察できなくなります。
我々が桜を見るとき(もうすぐですが)、顕微鏡で何かを見る時、思考なしで見ます。当たり前ですが。
それでは、このような場合以外に、我我が、普段思考まみれになっているかというと、必ずもそうではないでしょう。
例えば、信号に渡るときは、車に注意して渡ります。あたりまでですが。
最近スマホ歩きしている人がいますが、当然前を見ろということです。
>
> > 〇〇に気づくという表現は、日常でよく使う言葉です。例えば財布を忘れたことに気づくとか。

> しかし財布を忘れていることに気づくとは言いますね。それと同じように気づいていないとわかり、じかに見ている状態に移ることができなければ大変です。心が通じるという事がなくなります。非難正当化のしあいになって。

怒りに、いい悪いなしに気づいているときは、そうそこでは、怒りと呼ぶ状態ではなく、心が変化している。
はじめは、何かのやりとりで、思わずムッとするとします。これが怒りの第1段階とすると、そのとき起きた、ムッとした心に、非難正当化なしに気づいていると、その時ムッとした心は、変化して、元の平常な心に戻っている。
ところが普段の人間はそうではなく、ムッとすると、その時起きた思考の連鎖に捕まってしまいます。それが日常で習慣化している。
つまり自分に向かず、相手に目が向くということ。
つまり、いい悪いなしに、気づいていない、ということが起きる。

> > いい悪いなしに気づいているか、そうでないか。

新しい芽氏はさらりと言ってのけているが、実は、「達人」の心境ではないだろうか。
> >
> > >移って注意の状態でいるなら、自分が注意の状態にあるという意識はありません、注意があるという認識はありません。ただ不注意から注意に移る瞬間目が覚めたような、心がしゃんとした感覚が一瞬ありますが。英知も同じでしょう、違いますか?
> >
> > 不注意から注意に移る?
> > この表現は体験されたあなただけしかわからないみたいです。
> > よくわかりません。
>
> 財布を忘れっぱなしにならないで気づく。不注意になってよく見、聴きしていないでいるのに気づくことは普通のことで、気づかないと困るでしょう。

財布の話は違うでしょう。
財布の気づきは、内部から、ふとやってくるものです。何かの拍子で。
私もこの前、持っていくべきものを、ふと思い出しました。それが地下鉄の中だったので、あきらめました。

クリシュナムルティの、ふとやってくる話は、こういうことではなく英知の話です。
頭を常に空(から)にして、英知がやってきたときの受け入れ準備を常にしとけということです。
>
> > 注意というのは、心の空白を作ることにある。それは即座です。
> > 成ればいい。
>
> どうやってなりますか? そのきっかけは?日常生活の中でどんなふうに起こりますか?

さっき言ったように、桜を見るときは、誰でも注意の状態になります。そのとき、思考が「団子を食べようか」と頭を占領しないでしょう。
問題は、問題が起きた時、なれるかどうか。
花見で、酔っ払いに絡まれた時、なれるかどうか。
自分の場合は、相手の一挙手一挙手見てますが。何が起こるかを。
>
> > その状態は「無意識」ではなく、最も意識的な状態。
> > はっきり見てる。はっきりと明確に知覚されている状態です。
>
> 気づいている状態あるいは注意の状態はそうです。
>
> > エネルギーが注がれている状態。全注意。
>
> はい。
>
> > まさに「意識的な知覚」。
>
> > ここもあなたと異なるようです。
>
> そう、ここは「意識」「認識」をどう扱うかによります。言葉の使い方になるので脇に置いときましょう。
>
> > (身近な例をいうと、車を運転しているときは、無意識ではないでしょう。はっきり見ています。)
>
> (しかし、いちいち言葉化して認識はしていないという事を言っているだけです。)
>
> > 英知は別な意味、別な事柄、思考の隙間から、ふっとやってくるのが英知、あるいは知恵と言われる所以。
> > (何が「英知」なのかは別の議論)
> >
> > 結局、クリシュナムルティは、これを言いたい。そのための前段階としての気づき。アウェアネス。思考の空白を作れということです。
> > これはあくまで私の見解ですが、様々に異論があるでしょう。
> > 特にあなたにも。あなたには、ここまであなたが、築きあげたものがあるので、否定なさるのは目に見えています。
>
> そうですね。私は見る、気づいていることに重点があります。あとはついて生じることです。最初の一歩が全てで、ほかの一歩はありません。

最後に

え〜と、運転してるとき、見ている状態と言いましたが、運転が終わると、どっとからが疲れます。
クリシュナムルティのいう、注意の状態というのは、緊張、弛緩の中和なので、全く疲労を感じません。
この違いを明確にする必要があるあります。自動車の運転は、能動的であり、Kの注意の状態(気づき)というには、文字どうり受動的だということです。


[26778] 全体性 投稿者:無明 投稿日:2019/03/20(Wed) 10:59  

> > > > そんなことより大事なのは、身の回りの生活。生活防衛だろう。
>
> そう言う観点から見る時全体性が欠けて、限定された視点から見ている。

戦後の、お父さん方は、身を粉にして働いていたぜ。馬車馬のように。家族を食わす為に。とくに戦後成長期。昭和40年代。

戦後復興を支えたのは、そういった無名の、無数のお父さんの方々。
我々は、つい表面的な、その時の指導者に目を向きがちだが。

このお父さん方の生き方は、「自己犠牲」そのものではないか。
母ちゃん子供を食わすために。上司や取引先に怒鳴られながら。
汚職とか、悪いことをする奴は、ほんの一部の人間。
>
> > >
> > > ここだ。身の回りの生活防衛。あなたはそこに目が向くのだろうが、それは全体性が見えず、限定された個別的問題にしか目が向いていない。
> > >このような個別的見方では景気を良くしてくれというばかりで、全体を見ていない。この日本の国民性が今の状況を生んでいる。そこが見えていることが大切。慧眼見真とはそいう事だ。
> >
> > 全体を見るというのは、思考なしにみるということだ。現にあるものに、直に見るということ。
>
> つまり生活防衛という観点が脇にやれていること。

生活防衛は脇にやるというが、あなたも家族を守るために、必死に働いたのではないだろうか。
全体というが、会社全体を考えるのは、会社の上層部になってからのだろう。企業は利益優先が第一。それはあなたもじゅうじゅう承知だろう。会社の方針に従えないものはやめるしかない。


どうも「全体」ということにこだわっているようだが、会社のトップになれば、会社の全体を考える。当たり前の話だ。
日本のトップになれば国全体を考える。当たり前の話だ。
サラリーマンのお父さんは、家族のことを考える。自分は1000円亭主のまま。
サラリーマンが、世界情勢を考えてもしょうがない。
飲み屋の話題づくりの一貫で、世界で何が起きているかは知る必要がある。
>

> > > > テレビのニュースで、戦争貧困などの映像を見て、いちいち悲嘆にくれてもしょうがない。
> > >
> > > その通り。よく見てその全体の意味することを観よ。
> >
> > 何が全体を意味することだ。事実それが起きている。それだけだ。
>
> それ(悲惨な出来事またはバカ騒ぎ、何でも)が何を意味しているか。それは人間というものが実に多種多様の環境から生まれ、格差は大きく、文化も異なり、共生しようとしてもどうにもならず、矛盾混乱が雪だるま式に増大し、今や、国家の財政や世界の金融体制の破たん、世界の2極化、戦争まで危惧されている。

と、あなたの思考は解釈する。

それでは、お聞きしたいが、あなたは世界の指導者か?
世界をどうにかしたいという願望が強い?
> > >
> > >
> > 戦争を経験してるなら、政府が最後に何をやってくるのかわかるだろう。

最近の統計のデタラメぶりは目に余る。自民は、「アベ一強」にあぐらをかいているとしか思えない。
>
> そのときは日本一国ではなく、世界の金融体制が破たんしているだろう。そういう時は畑と雑木林を持っていい井戸のある田舎にいると強いぞ。まあなるようになるさ。しかし少しは人間が変わってほしいね。共生できるように。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso