雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[24096] Re:[24095] [24094] マインドは同じか? 投稿者:ゴト 投稿日:2017/08/09(Wed) 09:16  

> > 身体障害者の場合、目に見えてその基本構造が違うわけでしょう?
> >
> > 精神障害者の場合も目には見えないけれども、その基本構造が違うような気がする。

そうですね。 例えば老人性痴呆の場合は脳の神経細胞の結線に異常が生じている。それで投薬とか、免疫療法が知的理解に立ってできるようになった。

> だからKが楽にしてくれるかも!
> この掲示板の理屈にはついていけないのに。

古代エジプトでは人が毒蛇にかまれたとき神官が呼ばれた。
長い太古の叙事詩を語り、蛇に神もかまれて、いかに苦痛に耐えたかを聞かした。
患者は蛇にかまれることは神にすらあることで、あとは以下に耐えるかだと悟る。― これは心理療法というのかな。

> 実際、Kの理解って理屈じゃないし。
> 理屈に走れば走るほど、とぶに嵌まる?

そう、Kのいう理解とは、その場の過去の反応がわきにおかれ、事実に直面している時にあるもの。
それをしないで反応に走るとき、理屈に走っている。


[24095] Re:[24094] マインドは同じか? 投稿者:南方 投稿日:2017/08/09(Wed) 08:01  

> 身体障害者の場合、目に見えてその基本構造が違うわけでしょう?
>
> 精神障害者の場合も目には見えないけれども、その基本構造が違うような気がする。
>

だからKが楽にしてくれるかも!
この掲示板の理屈にはついていけないのに。

実際、Kの理解って理屈じゃないし。
理屈に走れば走るほど、とぶに嵌まる?


[24094] マインドは同じか? 投稿者:南方 投稿日:2017/08/09(Wed) 06:08  

身体障害者の場合、目に見えてその基本構造が違うわけでしょう?

精神障害者の場合も目には見えないけれども、その基本構造が違うような気がする。



[24093] ミクロコスモス的マクロコスモスな私 投稿者:南方 投稿日:2017/08/08(Tue) 11:00  

「私は誰か?」と問えば、それは精子であり卵子であり、

それを形成した食物群であり、食物群は太陽の恵みやら空気

土水などの宇宙からできており、そして、科学は宇宙とは何か

と研究している。

つまり、私を知ることは宇宙を知ることであり、宇宙を知る

ことは私をしることである。

本物の科学者と本物の宗教家がやろうとしていることは


つまるところ、同じである。

だから、宗教とは人が幸せになる何かを信じることではなく

あくなき探求であるべきである。

そして、科学も宇宙とは何かと定義するのではなく、あくなき

探求であるべきである。

そうでなければ、人を世界を固定化することになり、それは

宗教団体がやっていることと同じである。

科学も宗教も「あくなき探求」である。

だから、「私」とは宇宙の中心でもあるし、宇宙の一部でも

あるわけである。



Kの全体性とは、こういうことかと僕なり考えました。



[24090] Re:[24089] 無題 投稿者:宮啓 投稿日:2017/08/08(Tue) 10:13  

>  渡辺さんの掲示板にて、「自己認識の追求と日々のさ中にある自我の理解」拝見しました。
>
> 日々、ポチポチと関係の中で生きている、いいですねえ。
>
> 有難うございます。


 日常の人間関係に興味を抱きます。人間関係というよりも、関係の鏡を通した「私」の反応に興味を抱きます。その反応によって「私」の無意識のありようが見えてくるのです。

 その見えてくるままに、「全的に見る」ことができるか・・?禅の用語では「定力(じょうりき)」というようです。それが見えたときに、一般的にはハッと逃避の反応が起こります。そこを逃避せずに留まる。その留まる力を「定力」というようです。その上で、クリシュナムルティの「見る」が始まります。すなわち、自己同一化せずに「見る」。

 おそらく、禅の「定力」には、この自己同一化せずに見ることは意識されていないのではないか・・?と気になっているところです。

 禅の「定力」は、それに成りきることを主眼にしているように感じています(渡辺さんの話から考察して・・)。

 クリシュナムルティと禅の相違に興味を有しています。

 ただ一つ、はっきりしていることは、クリシュナムルティの瞑想は、論理的に明文化されている。禅の瞑想は、経典や口伝、そして不立文字として伝わるので、先の問題提起(成りきることと自己同一化との差異)等の細かな論点に対応することが難しいように感じています。


 私は未だ、ゴトさんが述べるような「全的に見る」ことが、すぐにはできないようです。

 ボチボチ、生のさ中でやってゆくことを心がけています。


[24089] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2017/08/08(Tue) 09:42  

 渡辺さんの掲示板にて、「自己認識の追求と日々のさ中にある自我の理解」拝見しました。

日々、ポチポチと関係の中で生きている、いいですねえ。

有難うございます。


[24088] Re:[24087] 自己認識の追求と日々のさ中にある自我の理解 投稿者:南方 投稿日:2017/08/08(Tue) 01:54  

>  渡辺さんの掲示板にて、「自己認識の追求と日々のさ中にある自我の理解」のタイトルで投稿いたしました。
>
>  ご参考までに。http://6926.teacup.com/mitsuruwatanabe/bbs の[7450]
>

拝見させて頂きました。

ゴールという意味ではなく通過点としての悟りを悟りと言っていいなら、悟りはあるかな、とも思います。

マインドでは解決できないことがKの場合多いので、
まぁ行き過ぎると危険かなとは思いますが、ある程度の客観性を保ちながら、見えないKの存在に身を委ねてます。

これを、拝見した掲示板の場合、生きた人間に求めているように感じました。
それは、Kが星の教団を解散した一つの危険性を孕んだ理由なのかな、と思います。

禅では師から悟り許可証がでるとかでないとか。


[24087] 自己認識の追求と日々のさ中にある自我の理解 投稿者:宮啓 投稿日:2017/08/07(Mon) 19:28  

 渡辺さんの掲示板にて、「自己認識の追求と日々のさ中にある自我の理解」のタイトルで投稿いたしました。

 ご参考までに。http://6926.teacup.com/mitsuruwatanabe/bbs の[7450]



[24086] 無題 投稿者:南方 投稿日:2017/08/05(Sat) 20:50  

人間の業をとことん肯定するのが落語だって

立川談志が、いつか言っていた。


[24085] Re:[24084] [24083] [24082] [24081] [24080] [24079] [24078] [24076] [24075] 表面的、あるいは周辺上の問題 投稿者:ゴト 投稿日:2017/08/05(Sat) 08:30  

> > 《大乗仏教、特にナーガールジュナを祖とする中観派の哲学者たちは次のように主張した。――何物も真に実在するものではない。あらゆる事物は、見せかけだけの現象に過ぎない。その真相についていえば急きょである。

ここの急きょは空虚の間違いです。お詫びして訂正します。

> > その本質を「欠いて」いるのである。(シュ−ニャという語はサンスクリット語においては「……を欠いている」という意味に用いられている)。無も実在ではない。あらゆる事物は他の事物に条件づけられて起こるのである。(空)というものは無や断滅ではなくて、肯定や否定、有と無、常在と断滅というような、二つのものの対立を離れたものである。したがって空とは、あらゆるものとの依存関係(relationality)に他ならない。》「竜樹」p.16


> > >  死の恐怖からのフリーを貰うだけでもありがたいのかもしれません。

はい。


> > >  クリシュナムルティ以外の指導者は、あの世・天国・転生輪廻・復活・魂の永続等々の観念によって、死の恐怖を緩和する手法に終始した。その観念は、それと対立する観念と不和を生じさせ、差別や戦争によって苦悩や死を増長させた。
> >
> > 思考(心理的)そのものが不安を安んじようとするもの(傾向性)であるのでしょうか。それが何をもたらすのかが間違ってフィードバックされているのだろうか、当座楽になった気がするので?
> >
> > それで、皆がその傾向性を強化しているのでしょうか? それならいい加減気が付きそうなのにとも思うのですが、はて?
> > 議論にしてしまうやり方だとだめみたいです。
>
>
>  混乱した精神は、更に混乱を増長させる選択を為す。とはクリシュナムルティの述べるところです。
>
>  混乱した精神は、なかなかクリシュナムルティを選択しないということになります。
>
>  はじめ、旨みを付けて、誘い出す手が効果的なのか‥?新興宗教によくみられる手なので・・、まずいかも・・。
>
>  とにもかくも、本人たちしか、クリシュナムルティの許へやって来る選択を為しえないのかもしれません。

ああ、最初は偶然や何かの欲望からという事がありますが、「見る」ことに入るのは本人の行為ですね。彼の全体から起きる行為。はい。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso