雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[25057] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/01(Thu) 01:33  

お互いの性格的なものを譲歩し合って、大きくならなければなりません。男100人の会員もしくは働き手のいる団体はあり得ます。男性は共に1つのチームで働く術を知っています。しかし、女性は一般に、あまりにも個人主義です!


[25056] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/01(Thu) 01:22  

もし、その文化の偉大さを知りたければ、揺りかごで赤子を揺らし、赤子と遊び、赤子に教える母たちを、そして、赤子を愛する人々を、観察しなければいけません。

母親は、以上の責任を負わなければなりません。それらをベビーシッターやメイドの世話に任すべきではありません。子守や女中も、信仰深く、有能かも知れません。私はそういう人たちに反対しているのではありません。けれども、ベビーシッターの世話で育った子供は、成長に不可欠な愛という肥料を欠いてしまうのです。健康をもたらしてくれる愛というビタミンを欠いてしまうのです


[25055] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/01(Thu) 01:19  

「女三人仲良く暮らせたためしなし」という、人々の体験から生まれた通念もあります。

テルグ語の川柳のようなものには、こう詠まれています。

「女一人を前にすれば世界は震え上がり、女が二人いようものなら海は干上がる! 女三人集まれば、ああ、昼に空から星が落ちてくるだろう!」

女性のこの言われようは、どうしてでしょう? 女性には「サハナ」が極端に欠けているからです。「サハナ」というのは、人の欠点を我慢すること、精神的強さ、堪忍寛容、忍耐力、そして、仕返しを考えることなく静かに耐え忍ぶ能力のことです。そのために、女性は男性よりも弱いと言われているのです。これは、女性は忍耐力を養う必要があるということを指しています。あなた方は意見の相違や性格の違いに耐え、理解と同情心を育もうと努めなければなりません。それは「サハナ」を強めてくれるでしょう。


[25054] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/01(Thu) 01:13  

エゴを捨てて柔和になった者は、尊敬を受けるに値するようになります。


[25053] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/01(Thu) 01:12  

地位はエゴを膨らませて弱みになることもあります。


[25052] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/01(Thu) 01:10  

今、周囲を見渡しても、社会のために犠牲を払おうとする兆候はほとんど見られません。人は、自分のことを偉大な帰依者だとか、霊性修行者、あるいは科学者であると自称するかもしれませんが、犠牲の精神がなければ、その人の中に偉大さはまったくありません。セヴァ(無私の奉仕)は生活に味を付ける塩です。犠牲の精神は生活に香りを付けます。人は60年、70年、あるいは80年生きるかもしれませんが、自分の人格を高めること、他者に献身的に奉仕することに自分の生活を捧げていないなら、長生きしても何の意味もありません。あなたが欲望の対象とすべきものは、建物や地位や工場や産業ではありません。あなたが獲得することのきる最高の財産は、善良な人格です。


[25051] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/01(Thu) 01:09  

愛のない人生は無意味です。あなたが愛すれば愛するほど、愛は育っていきます。本当の愛と、人や物への執着とは、区別されるべきです。執着は自分本位を基盤としています。愛は無私を基盤としています。愛は、あなたの善行という花が実を結んだ果実です。無私の奉仕に従事する時にのみ、その清らかな愛の果汁を味わうことができます。


[25050] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/02/01(Thu) 01:07  

かつて、仏陀は一つの死体を見ました。それから、一人の病人を見ました。さらに、一人の老いさらばえた男を見ました。このような光景を目の当たりにして、心に変容が起こりました。彼は仏陀(覚者)になりました。私たちは、たくさんの死体や、たくさんの病人や、老人を見ていますが、心は変わっていません。私たちは、石のようなハートの持ち主になってしまいました。私たちは、自分自身を変容しなければなりません。そうしてこそ、人間なのです。私たちは、「仏陀に帰依し奉る。僧に帰依に奉る。真理に帰依し奉る。法に帰依し奉る」(ブッダム シャラナム ガッチャーミ、サンガム シャラナム ガッチャーミ、サッティヤム シャラナム ガッチャーミ、ダルマム シャラナム ガッチャーミ)と、レコードのように繰り返しています。私たちのどこに真実があるでしょう? 私たちのどこに平安があるでしょう? どこにも何もありません。


[25049] Re:[25046] [25041] [25038] [25028] [25027] [24987] [24984] [24978] [24977] [24975] [24974] [24973] [24969] [24966] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2018/01/31(Wed) 22:58  

>  先日紹介しました、『真の瞑想 〜自らの内なる光〜 』コスモスライブラリー発行 は、まだ3分の1しか読んでいないのですが、お勧めします。
>
>  この文献は、クリシュナムルティをだいぶ読み込んでいなければチンプンカンプンでしょうが、読み込んでいる者にとっては貴重な文献と感じられるように思います。


推薦有難うございます。今、注文しました。


[25048] 無題 投稿者:青空の慈悲 投稿日:2018/01/31(Wed) 22:33  

しかし、無理やり人の尊敬を得ようとする試みはどうしてもうまくいかない。
安らぎは、自分から愛するところにしかない。

無理やり人から、愛を掠め取ることはできないんだよ。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso