雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[24443] Re:[24442] [24441] [24438] [24435] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/31(Thu) 12:03  

> > > > 友達の悪いうわさを聞いたとき、それを信じただけでも罪となる。
> > > >
> > > > 確証がないのに、信じるというその態度が他者を傷つける。
> > >
> > > そうなんだが、世間では火のないところには煙は立たずという。
> > >
> > > この共同主観が成立しだすと、これは燎原の火のように広まり、信念みたいになる。抵抗は難しい。客観性は無視される。あるいはごまかされる。
> > > 例えば、人間はすべて自由平等である。とアメリカの独立宣言は謳った。しかし、今でも人種差別はトランプ大統領まで巻き込んで少なくともくすぶっている。今は北朝鮮に目がそらされているが。
> > >
> > > これはサピエンスの特徴ではあるまいか。社会的階層は、ほとんどの国で厳然として存在する。それを支えているのが集団的主観(集団神話と言ってもよい?)です。
> > >
> > > この集団神話は統治者がその統治のための官僚や軍隊、警察に、そして被統治者にも植え付けておかねばならないもので、それが崩れる時はいわば国が崩壊するに等しい。
> > >
> > > ところで若い人の結婚が困難だという話がどこかに行ってしまった。そこももう少し考えよう。共同神話はどのようにして成立するかも現代の立場で考えてみよう。
> >
> > たとえば草食系という神話。
> >
> > メディアは少子化政策を続けてきたが、それを覆い隠す文句。
>
> 紀元前1万年ぐらい前農業牧畜が起こった時、人口は大幅に増えたが、それは統治者と戦士という上の階層を創り出すことであった。生物として文句なしの繫栄を得たのは麦や稲だったのかもしれない。
>
> その後文明社会は発達したが、大多数の人間が幸福になったかどうかは疑問であるし、遺伝子は太古からあまり変わってもいなさそうだ。それで人間は人間を恐れて軍隊を今でも持たないと不安でいられないようだ。どこに問題があるのだろう?

一部のもの力あるものがほかのものの食料や資源を独占したいという貪欲、および互いへの恐怖。


[24442] Re:[24441] [24438] [24435] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2017/08/31(Thu) 12:00  

> > > 友達の悪いうわさを聞いたとき、それを信じただけでも罪となる。
> > >
> > > 確証がないのに、信じるというその態度が他者を傷つける。
> >
> > そうなんだが、世間では火のないところには煙は立たずという。
> >
> > この共同主観が成立しだすと、これは燎原の火のように広まり、信念みたいになる。抵抗は難しい。客観性は無視される。あるいはごまかされる。
> > 例えば、人間はすべて自由平等である。とアメリカの独立宣言は謳った。しかし、今でも人種差別はトランプ大統領まで巻き込んで少なくともくすぶっている。今は北朝鮮に目がそらされているが。
> >
> > これはサピエンスの特徴ではあるまいか。社会的階層は、ほとんどの国で厳然として存在する。それを支えているのが集団的主観(集団神話と言ってもよい?)です。
> >
> > この集団神話は統治者がその統治のための官僚や軍隊、警察に、そして被統治者にも植え付けておかねばならないもので、それが崩れる時はいわば国が崩壊するに等しい。
> >
> > ところで若い人の結婚が困難だという話がどこかに行ってしまった。そこももう少し考えよう。共同神話はどのようにして成立するかも現代の立場で考えてみよう。
>
> たとえば草食系という神話。
>
> メディアは少子化政策を続けてきたが、それを覆い隠す文句。

紀元前1万年ぐらい前農業牧畜が起こった時、人口は大幅に増えたが、それは統治者と戦士という上の階層を創り出すことであった。生物として文句なしの繁栄を得たのは麦や稲だったのかもしれない。

その後文明社会は発達したが、大多数の人間が幸福になったかどうかは疑問であるし、遺伝子は太古からあまり変わってもいなさそうだ。それで人間は人間を恐れて軍隊を今でも持たないと不安でいられないようだ。どこに問題があるのだろう?


[24441] Re:[24438] [24435] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/31(Thu) 10:20  

> > 友達の悪いうわさを聞いたとき、それを信じただけでも罪となる。
> >
> > 確証がないのに、信じるというその態度が他者を傷つける。
>
> そうなんだが、世間では火のないところには煙は立たずという。
>
> この共同主観が成立しだすと、これは燎原の火のように広まり、信念みたいになる。抵抗は難しい。客観性は無視される。あるいはごまかされる。
> 例えば、人間はすべて自由平等である。とアメリカの独立宣言は謳った。しかし、今でも人種差別はトランプ大統領まで巻き込んで少なくともくすぶっている。今は北朝鮮に目がそらされているが。
>
> これはサピエンスの特徴ではあるまいか。社会的階層は、ほとんどの国で厳然として存在する。それを支えているのが集団的主観(集団神話と言ってもよい?)です。
>
> この集団神話は統治者がその統治のための官僚や軍隊、警察に、そして被統治者にも植え付けておかねばならないもので、それが崩れる時はいわば国が崩壊するに等しい。
>
> ところで若い人の結婚が困難だという話がどこかに行ってしまった。そこももう少し考えよう。共同神話はどのようにして成立するかも現代の立場で考えてみよう。

たとえば草食系という神話。

メディアは少子化政策を続けてきたが、それを覆い隠す文句。


[24440] Re:[24437] 頭 ハート 肚 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/31(Thu) 09:47  

> 頭 自我 分離意識
>
> ハート 前個人意識
>
> 肚 宇宙意識
>
>

> 前個人意識と宇宙意識の違いがはっきりしないが、肚で分離感なく全体と調和した。

頭頂部から喉 エクスタシー 空
喉から心臓  至高     極度
心臓から丹田 最強     偉大
丹田から生殖器 オーガズム 宇宙


[24439] Re:[24436] 寓さんとの対話 投稿者:ゴト 投稿日:2017/08/31(Thu) 09:42  

> 愚さん
>
>  実際上、思考はゆっくりになったり、出なくなったりしますが、それが重要ではないのですが、思考がないとき、非二元的なものに、ヒョイと気が付きやすいんです。
>
>  感想
>
>  この「ヒョイと気づく」。どこかで聞いたことのあるセリフ。
>  そういえばゴトさんも「ヒョイと気づく」といわれてましたね。
>  愚さんのいってることと同じ意味なのでしょうか。


「非二元的なものに、」という表現に新鮮さを感じました。


[24438] Re:[24435] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2017/08/31(Thu) 09:30  

> 友達の悪いうわさを聞いたとき、それを信じただけでも罪となる。
>
> 確証がないのに、信じるというその態度が他者を傷つける。

そうなんだが、世間では火のないところには煙は立たずという。

この共同主観が成立しだすと、これは燎原の火のように広まり、信念みたいになる。抵抗は難しい。客観性は無視される。あるいはごまかされる。
例えば、人間はすべて自由平等である。とアメリカの独立宣言は謳った。しかし、今でも人種差別はトランプ大統領まで巻き込んで少なくともくすぶっている。今は北朝鮮に目がそらされているが。

これはサピエンスの特徴ではあるまいか。社会的階層は、ほとんどの国で厳然として存在する。それを支えているのが集団的主観(集団神話と言ってもよい?)です。

この集団神話は統治者がその統治のための官僚や軍隊、警察に、そして被統治者にも植え付けておかねばならないもので、それが崩れる時はいわば国が崩壊するに等しい。

ところで若い人の結婚が困難だという話がどこかに行ってしまった。そこももう少し考えよう。共同神話はどのようにして成立するかも現代の立場で考えてみよう。


[24437] 頭 ハート 肚 投稿者:南方 投稿日:2017/08/31(Thu) 09:17  

頭 自我 分離意識

ハート 前個人意識

肚 宇宙意識


前個人意識と宇宙意識の違いがはっきりしないが、肚で分離感なく全体と調和した。


[24436] 寓さんとの対話 投稿者:外野 投稿日:2017/08/31(Thu) 08:31  

寓さん
 そこで、無明に注意するんです。気が付くようにするんです。これは、たとえば、回りにあるなにかに注目します。それは、テーブルでもパソコンでもいいんですが、それを注意して見つめます。

問い
 これはクリシュナムルティがいうところの「気づき」ですか。注意、静寂、愛、沈黙。すべて同じ意味。 原題awareness 。

愚さん
 自己が不在という意味です。別に不思議なことではありません。わたしたちの日常の大部分は、このような状態ですが、それに気が付きません。

途中略

愚さん
 しばらくたつと、分離の感覚がなくなってきていることに気が付くはずです。同じことが、無明との関係で起こります。対象が消えます。

問い
 座禅のことはわかりませんが、体験としてやったことがあります。私のような初心者は雑念に悩まされます。油断するとすぐ雑念につかまりよけいなことを考えてしまいます。
 よく次々出てくる想念を眺めなさいといわれますが、初心者はそうはうまくいきません。もし、熟練したとどうなるのでしょうか。想念はでなくなるのでしょうか。出てもとらわれることはなくなるということですか。

愚さん

 実際上、思考はゆっくりになったり、出なくなったりしますが、それが重要ではないのですが、思考がないとき、非二元的なものに、ヒョイと気が付きやすいんです。

 感想

 この「ヒョイと気づく」。どこかで聞いたことのあるセリフ。
 そういえばゴトさんも「ヒョイと気づく」といわれてましたね。
 愚さんのいってることと同じ意味なのでしょうか。



[24435] 無題 投稿者:vaamana 投稿日:2017/08/30(Wed) 21:46  

友達の悪いうわさを聞いたとき、それを信じただけでも罪となる。

確証がないのに、信じるというその態度が他者を傷つける。


[24434] Re:[24429] [24428] [24425] [24424] [24418] [24417] [24416] [24415] [24414] 無題 投稿者:ゴト 投稿日:2017/08/30(Wed) 21:07  

> > > > > 環境や文化からの独立とは、内的なこと。
> > > > >
> > > > > 空気ないといきれない。物理的なこと。
> > > >
> > > > この「内的なこと」というのが何かわかりません。
> > > >
> > > > これはニューロンとシナプスのつくる脳内回路の作用のことでしょうか?、それとも全く違う事でしょうか? どうか説いてください。
> > >
> > > 心理的に他者への依存がなく、特定の文化からネガティヴな影響を受けてないということ。
> >
> > それはよくわかります。
> > ところで、井戸端会議でゴシップに興じる好奇心というか想像力は影響を受けている状態でしょうか? 例えば風評被害という形で非常な力を発揮することもありますが、超人(菩薩でも結構です)はどのようにこれに働きかけるのでしょうか?
>
> 覚者は、そのような悪いうわさを聞いても信じないだろう。
>
> 信じることすら他者への暴力になるから。

ホモ・サピエンスは17万年前ごろ生じ、生物の一種として細々と生きてきた。ところが7万年ほど前、突然変異か、信じる能力を得、普通の動物や人の群れをはるかに超えて噂話か何かが、それを疑う事がタブー視されるような神話になって求心力となり、それを信じて大きな人数で協力するようになり、無敵のヒトとして君臨するようになったという。

このサピエンスは多くの動物を絶滅させたらしいが、今やお互い同士で戦い続けている。これはただの部族主義とかではないのではないか。遺伝子がらみの宿命的なものではないか?

そう問われたら何と答える? ここは熟考に値する。というか思考には答えることの不可能な問いかもしれない。そこで神話が生じる!?


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso