雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[23836] Re:[23833]  世界は心理ゲーム 投稿者:ゴト 投稿日:2017/05/16(Tue) 15:17  

>  きちんとした学習能力が人間にあれば、少しは世界はましになっているはず。

最初からきちんとした学習能力があるわけではなく、それも創り出すしかない。誰も教えてくれない。まれに覚者がいたとしても見分けようがない。

>  自国の国益を優先するから、他国とぶつかることになる。

ここは難しいところ。人がいいとカモにされかねない。しかし力づくで奪うのも反作用がある。それは学習して知っている。
動乱の世の中ではぎりぎりの崖っぷちで刃渡りをすることになる。

それが好きな人もいる。人間は自由でなきゃだめだ、生きる甲斐がない。自分の身は銃で守る。
そういう社会はどうなるか。世俗的な能力のある人が富を集めてのし上がる。人はこれをアメリカンドリームと呼ぶ。格差も世界一。
はたから見ているとよくわかる。日本人は一億総中流層でいるのが好きらしい。
これらの心理には刃向かえないように思うがいかに?
ところで学ぶってどういうこと?


[23835] Re:[23832] [23827] [23819] バンザイ! 投稿者:宮啓 投稿日:2017/05/16(Tue) 12:03  

> > > この万物の流転は永遠の創造にほかなりません。
> > > がしかし、その中に人間の苦しみがちりばめられています。覚者にはないでしょう。しかし多くの人にはそれは現実に存在するものです、なぜか。そこを見る。
> >
> >
> >  クリシュナムルティは「既知のものからの自由」を陳述していますが、見るに入ると知識はそれを邪魔しないですね。
> >
> >  知識がそれを邪魔しない場合において、自己理解に繋がる知識は、それを得ることは喜ばしいことですね。
>
> 人間の細胞はそれなりに統合された生命体です。人間はそれらの細胞が創ったいくつかの組織体を統合した上位の階層の生命体です。 さらにその個人を統合して上位の組織体がたくさんあり、その機能を遂行していますが、最上位にあるのが国家ですか。世界にはいくつもの国家が各地に存在し、関係しあっています。
>
> そして人間には独特の「精神的苦痛」というものがあります。これは上の階層の組織体にとっても無視できない事です。
> しかし、知性の案出したあるべき姿を個人に押し付けてもうまくいかない。肯定的な言い方をすると押し付けになり、裁きになってしまう。だが何か洞察を招くような箴言をK、あるいは覚者は言っているでしょうか?
> 真に力ある箴言はこの場で今ありうるだけなのでしょうか?


 空海は箴言を二種類に分けました。

 ひとつが顕教(けんぎょう)、もうひとつが密教。

 私が思うに、顕教は言葉で説明できる箴言、密教は言葉で説明できない箴言、このように捉えています。

 「見る」とは、そこに言葉はないですよね。


[23834] Re:[23821] [23817] [23813] [23812] 直面 投稿者:外野(ガイヤ) 投稿日:2017/05/16(Tue) 09:04  


> >  自分のガールフレンドを他人のやつに盗られたシーンを思い浮かべてみましょう。まさに相手の男を「ぶん殴ってやりたい」。これが自由ですか。
>
> そういう思いが自分の心の中に浮かびます。それを間違っているとか当然だとか言わずに、非難も正当化もせずに、すなわち、心の思いをただそのままに聞くとき、心は自分の気持ちをそのままにつぶやきます。すなわち、心は思いを自由に出しているのです。聞いているのは非難などしない、言わば静けさの中にいる私です。
>
> >
> > >自由にその気持ち通りに行動させることではないので、念のため。

 時間がないので、ここまでにしますが、いずれはここは詳しく検討したいと思います。
 ここでの心の思いをただそのままに「聞く」という表現は斬新です。今までここのところは「見る」という表現していたように思います。
 「見る」というと視覚をいうイメージが出てわかりにくいところがある。
 内面に関心を向けるというのは、内面の声を聞くということです。内面から出る思考を見るではなく、思考を聞いているという方がピンと来るようで。
 自分の思い、つぶやきを聞いている。
 今日はここまで。




[23833]  世界は心理ゲーム 投稿者:外野(ガイヤ) 投稿日:2017/05/16(Tue) 08:40  

> 世界平和を痛切に願わないわけでもないが、願って念力をかけてもしょうがないと私は思うので、「複雑系」という本を読んだ次第。
> 世界には多くのいろんな人がいて、それぞれいろんなことをして世界は動いている。そういう系がどう動くかをどう研究すれば役に立つ結果が出るかという事ですね。
>
> 例えば株の世界はどう動くか学習した(良い目、痛い目にあった)人が、これぐらい株価が上がった時は買って損はしないと信念を持ち、その場面で株を買う。するとほかの人も買う。バブル! 逆にある程度下がる、売りが増して下がり続ける。すわ一大事と皆が売りに走る、大恐慌! ここまでは学習済み。さて日本にインフレマインドは起こるかどうか? 2%で済むか、大インフレになるか? 誰にもわからない。

 結局、株の世界も人間の心理が支配している。まさに心理ゲーム。欲得が支配する。上がるだろう、上がるだろうという予測。
 配当が少なくても、こつこつ買ってる方が最後は勝つ。途中欲を出して大きく買うと大損する。
>
> 世界の戦争も学習が進むしかないのではないか。で、日銀が¥を刷り続けるのも、軍事同盟を作るのも、保護主義も何を創り出すのかわからないままに進んでいる。

 米国と北朝鮮の例でもわかるように、まさにお互い「面子」「権威」の争い。安倍首相も憲法に異様にこだわるのも「面子」「信条」。中国も権威主義。さっき話の出た経済も心理的要素がたぶんに支配する。
 きちんとした学習能力が人間にあれば、少しは世界はましになっているはず。
 自国の国益を優先するから、他国とぶつかることになる。


[23832] Re:[23827] [23819] バンザイ! 投稿者:ゴト 投稿日:2017/05/15(Mon) 22:06  

> > この万物の流転は永遠の創造にほかなりません。
> > がしかし、その中に人間の苦しみがちりばめられています。覚者にはないでしょう。しかし多くの人にはそれは現実に存在するものです、なぜか。そこを見る。
>
>
>  クリシュナムルティは「既知のものからの自由」を陳述していますが、見るに入ると知識はそれを邪魔しないですね。
>
>  知識がそれを邪魔しない場合において、自己理解に繋がる知識は、それを得ることは喜ばしいことですね。

人間の細胞はそれなりに統合された生命体です。人間はそれらの細胞が創ったいくつかの組織体を統合した上位の階層の生命体です。 さらにその個人を統合して上位の組織体がたくさんあり、その機能を遂行していますが、最上位にあるのが国家ですか。世界にはいくつもの国家が各地に存在し、関係しあっています。

そして人間には独特の「精神的苦痛」というものがあります。これは上の階層の組織体にとっても無視できない事です。
しかし、知性の案出したあるべき姿を個人に押し付けてもうまくいかない。肯定的な言い方をすると押し付けになり、裁きになってしまう。だが何か洞察を招くような箴言をK、あるいは覚者は言っているでしょうか?
真に力ある箴言はこの場で今ありうるだけなのでしょうか?


[23831] Re:[23830] [23826] [23819] バンザイ! 投稿者:ゴト 投稿日:2017/05/15(Mon) 21:10  

> > >
> > > この万物の流転は永遠の創造にほかなりません。
> > > がしかし、その中に人間の苦しみがちりばめられています。覚者にはないでしょう。しかし多くの人にはそれは現実に存在するものです、なぜか。そこを見る。
> > >
>
> ネットでも実社会でも嫌な奴はいますね。
> イライライライラして、(なんであんなやつ愚痴愚痴愚痴愚痴)心で呟きます。
>
> 限界までいったら、裁く自分に気づき、鏡としてそれを見つめる。あぁ、自分のこういう所が嫌いだったんだなと。ペルソナと影の和解。
>
> これが愛、LOVEではないでしょうか。私見ですが。

どうこうしようとすると裁いてしまう、これが知性の限界ですか。
どうもありがとうございました。


[23830] Re:[23826] [23819] バンザイ! 投稿者:南方 投稿日:2017/05/15(Mon) 18:07  

> >
> > この万物の流転は永遠の創造にほかなりません。
> > がしかし、その中に人間の苦しみがちりばめられています。覚者にはないでしょう。しかし多くの人にはそれは現実に存在するものです、なぜか。そこを見る。
> >

ネットでも実社会でも嫌な奴はいますね。
イライライライラして、(なんであんなやつ愚痴愚痴愚痴愚痴)心で呟きます。

限界までいったら、裁く自分に気づき、鏡としてそれを見つめる。あぁ、自分のこういう所が嫌いだったんだなと。ペルソナと影の和解。

これが愛、LOVEではないでしょうか。私見ですが。


[23829] Re:[23826] [23819] バンザイ! 投稿者:南方 投稿日:2017/05/15(Mon) 17:58  

> > 今年に入って哲学あるいは現代思想、脳科学、量子力学と読み進み、今日「複雑系」を読了した。バンザイ!
> >
> > 今までしばらくK一本鎗で進んできましたが、突然何かにつかれたように読み始め、視野が広がった。その内容を言わないと読者の方には意味をなしませんが、実際に表現するとなると難しい。
> > それゆえ、私の関心のありようが今どうなっているかを話すことによってそれに換えようと思います。
> >
> > ビッグバンというと話が大きくなりすぎるので、地球に生命が誕生し、進化のあげく人間が生まれました。
> > 人間は自然的環境のみならず人間自身の創り出した社会的環境に影響され、また周囲に影響を与えています。
> >
> > もちろん人間自身が多くの個人がおり、お互いに影響を及ぼしたり、知りもしなかったり、それでいて間接的にはかかわりを持っていたりします。その中で中世のように停滞しているように見える時もありますが、そのなかに大きな変革が生じ、今に至ってもその変化は衰えるどころか、さらに大きな変化の中にあります。
> >
> > この万物の流転は永遠の創造にほかなりません。
> > がしかし、その中に人間の苦しみがちりばめられています。覚者にはないでしょう。しかし多くの人にはそれは現実に存在するものです、なぜか。そこを見る。
> >
>
>
> 知性を重視して、叡知を知らないからでしょうね。
>
> 昨日、脳の革命的変化が起こった。叡知のなせる業でした。今から外に出かけますが、世界は変わっているだろうか。

結局、快楽があって苦痛がある。それは変わらない。

それをどうこうしようとすることに知性の限界がある。

そこまできたらあとは叡智におまかせ〜。

でした。限界まで考えたらあとはもう神様、仏様、K様の領域。

以上、結果でした。


[23828] Re:[23825] [23822] [23818] [23816] [23814] 「思考を見る」と「思考をそのまま」に。 投稿者:ゴト 投稿日:2017/05/15(Mon) 16:31  

> > しかし関係の中に嫌な人が生じると日々に新たな記憶が強化されますよ。
>
> 年輪を重ねれば「嫌な人」など序序にいなくなるでしょう。徐々に囚われなくなる。年相応に。達観というか。又瞬間に「不快な思い」が生じてもその場で終わりです。終わらせる。ようするにひきづらない。
> 若いときは好き嫌いが多かったが、徐々に食べられるようになる。それと同じです。嫌いな物は嫌いというのは子供のときだけ。

引きずらないが実際なら何も問題はないですね。もしも、嫌な感じが無意識的に蓄積されていればいつか火を噴くのですが、それがなければめでたし、めでたし。

> > >
> > >  現場で「見る」ということの方が難しいでしょう。あれは彼(K)だから出来る方法。一般の人は無理というのはほとんどの人の評価。

余計なことかもしれないが、あなたは他人の評価を意外に気にするなあ。

>
> > >  生じっかクリシュナムルティを知ったばかりに、その他の方法が中途半端になってしまった。前にも書いたが禅、瞑想などをきっちり学べがよかったように思う。Kは全てを否定する。方法、手法、メソッド諸々。それを間に受けたのが間違い。

間違いかどうかはどうしてわかる? これって心理的思考の一種ではないだろうか。そう考えると気持ちが楽になるから。

> >
> > 上にも書いたけれど、見ることが方法なしにできるかが問題にならないか?

私には問題ではないね。その根拠もすでに書いた。まあ検討してください。

> > >  最近、M教授の「祈り」の講演を聞いた。祈りというのは俗にいう願掛けの類ではないというです。宗教団体でやる「祈り」というのはそれなりの意味あるものだった。とんだ「勘違い」していることに気づいた次第。Kの影響?
> >
> > そういえば盤珪禅師の法語を除いて、祈りも仏教も私は知らないなあ。
>
> 「祈り」というのは神との対話の時間でもあります。一般の人が朝、仏壇で手を合わせるのも、仏様の対話の時間。儀式というものではない。
>  Kは、そういったものを否定する。伝統儀式。スパッとした物言い。「自己変革の方法」などで見せる歯に着せぬものいい。一見かっこいい。一刀両断。そこにひかれた部分はある。そこが大きな落とし穴だったと思う次第。
>
>  世界平和を痛切に願っているようですが、「世界平和を祈る会」みたいものはたくさんあります。それに参加しようとは思わないのだろうか。私は関心ないが。やはり釣りと囲碁に専念したい。それ以外空いた時間を、この掲示板で対話する、ということでしょうか。

世界平和を痛切に願わないわけでもないが、願って念力をかけてもしょうがないと私は思うので、「複雑系」という本を読んだ次第。
世界には多くのいろんな人がいて、それぞれいろんなことをして世界は動いている。そういう系がどう動くかをどう研究すれば役に立つ結果が出るかという事ですね。

例えば株の世界はどう動くか学習した(良い目、痛い目にあった)人が、これぐらい株価が上がった時は買って損はしないと信念を持ち、その場面で株を買う。するとほかの人も買う。バブル! 逆にある程度下がる、売りが増して下がり続ける。すわ一大事と皆が売りに走る、大恐慌! ここまでは学習済み。さて日本にインフレマインドは起こるかどうか? 2%で済むか、大インフレになるか? 誰にもわからない。

世界の戦争も学習が進むしかないのではないか。で、日銀が¥を刷り続けるのも、軍事同盟を作るのも、保護主義も何を創り出すのかわからないままに進んでいる。


[23827] Re:[23819] バンザイ! 投稿者:宮啓 投稿日:2017/05/15(Mon) 16:17  

> 今年に入って哲学あるいは現代思想、脳科学、量子力学と読み進み、今日「複雑系」を読了した。バンザイ!
>
> 今までしばらくK一本鎗で進んできましたが、突然何かにつかれたように読み始め、視野が広がった。その内容を言わないと読者の方には意味をなしませんが、実際に表現するとなると難しい。
> それゆえ、私の関心のありようが今どうなっているかを話すことによってそれに換えようと思います。
>
> ビッグバンというと話が大きくなりすぎるので、地球に生命が誕生し、進化のあげく人間が生まれました。
> 人間は自然的環境のみならず人間自身の創り出した社会的環境に影響され、また周囲に影響を与えています。
>
> もちろん人間自身が多くの個人がおり、お互いに影響を及ぼしたり、知りもしなかったり、それでいて間接的にはかかわりを持っていたりします。その中で中世のように停滞しているように見える時もありますが、そのなかに大きな変革が生じ、今に至ってもその変化は衰えるどころか、さらに大きな変化の中にあります。
>
> この万物の流転は永遠の創造にほかなりません。
> がしかし、その中に人間の苦しみがちりばめられています。覚者にはないでしょう。しかし多くの人にはそれは現実に存在するものです、なぜか。そこを見る。


 クリシュナムルティは「既知のものからの自由」を陳述していますが、見るに入ると知識はそれを邪魔しないですね。

 知識がそれを邪魔しない場合において、自己理解に繋がる知識は、それを得ることは喜ばしいことですね。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso