雑感
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[25478] Re:[25476] [25475] 神であって神ではない 投稿者:虚無 投稿日:2018/06/14(Thu) 11:58  

> > >仏様が言った、無我の境地「私でさえ私のもではない」ということを心底納得します。
> > それを納得するには宇宙の因とは一つであることを、これもまた心底納得するまで考える必要があります。
> > そうすると自身は神であり、またそうではないことがわかります。
> >
> > それらを納得できたらキリストの言う「人類皆兄弟姉妹」という言葉か心底納得できるはずです。
> >
> > ここでいう
> > 「私でさえ私でない」
> > 「自身は神であって、神ではない」
> > とは、どのような意味ですか?
> >
>
>
> 思考というものは自然発生するものなので、私という思考さえ私のものではないということです。

思考というものは色々あって、「考え抜く」いう作業は、自分の脳で考えるということです。他人ではありません。又思考は自由自在にコントロールができます。自然発生的に生まれるものではない。イメージが次々と想起するのは、脳の性質といっていいでしょう。自然発生という表現は「偶然」という言葉が浮かんでしまいます。脳は必然です。宇宙も必然。偶然はない。思考は過去の記憶からの反応。その思考以外の知恵つまり叡智を得るには、思考を静めなければなりません。
思考を静めたとき、ようするに脳をニュートラルにしたとき、その脳の隙間から、外部から知恵がやってきることは古今の聖賢から言われていることです。アカシックレコードによって。曲を作る時、霊感の泉があふれたというモーツァルト、朝歯を磨いていた時、ふとアイデアが浮かんできた(相対性理論)というエピソードは有名です。逆説的にいえば、何も考えないときに叡智がやってくる。Kもよく思わせぶりに、「あちらから」という表現を使います。
今までにない斬新なアイデアを得たとき、自分の考えではなく「神」から得たと言ってもいいでしょう。
そのとき私であって私ではない。人智を越えたもの。
>
> その現象というのは、なんといってもいいですがとりあえずここでは神としときますが、それが発生原であり、そういう意味では自身は神ではない。

思考は私の脳から生じてくる。この現象はまぎれもない「事実」です。「神」という表現は妙です。思考は神ということになっちゃう。
>
> しかしながら源とつながりその表現として具現化されている現象としては似姿としての神であるということです。

似姿?という神?
そうではなく、すべては根元的な「意識」の問題です。ラーマクリシュナらが、人間は神であるというには、人間は神のように振る舞うことができるという意味であり、アダムスキーは神は人間の意識といいました。ここでいう意識という意味は原理としての意識(宇宙意識、ブラフマン)。根源の原初の意識。
要するに、人間は善と悪、どちらをとるか選択できるということです。自由意志を与えられている。例えば「いい人」になろうするならば善行をつみかさねることによって、神や仏に近ずく。それには上限はありません。自身の意識がますます宇宙的に深まります。同心円のように。逆に真反対の悪行を重ねると「自己矛盾」に陥ります。
>
> そして、これはあくまで推測ですがその源、神は音の波動であると考えています。それが粗い物質となり宇宙を生成している。その微細な現れとしては思考という形をとっている。こんな風に考えています。

思考は結局のところ「波動」です。思考は想念波動。それがエネルギーとなって、周囲に影響を及ぼします。光は粒であり波。
(最近、やっと「波動」という概念があらわれました。)

神というのは「人智を超えたもの」。
宇宙は調和、バランス、意識的な働き。すべてにおいて働いている。
私たちは生かされて生きています。それを自覚することが真の悟り。あまりにも当たり前なので、気に留めない人が多い。

日本人が神社仏閣に、おまいりに行くのは、目に見えないものに対する畏敬の念が日本人の心に宿っています。先祖代々から。無宗教の人もです。
古来から「お供え」をする。大自然に感謝。
仏像というには、人間の理想像。煩悩を超えた人。こうありたいという。心は形。形は心。

最後は話がそれたようで。失礼しました。



[25477] 「私」とは何か? 投稿者:虚無 投稿日:2018/06/14(Thu) 09:52  

「車」とは轅、車輪、車軸、車室、車台に依存した相対関係にもとにて、はじめて呼称、標微、記号表出、言語的通年、名のみのもととして成立するにとどまり、それ自体としての存在はない。
存在なくして顕現のみあり。
「車」というものが存在するのではなく、「車」という状態が顕現(表象)する。


次に我々自身を取り上げてみよう。

「私」とは何か?
この肉体か?そうではない。
では、この自己意識か?それのみではない。
それでは「精神」? もちろんそれではない。
まさに私とはこれらの全てなのだ。
どれか一つ欠けても私たり得ない。
つまり「私」という自己はこれらの様々な状態において顕現している宇宙的なプロセスに他ならないのだ。
私が存在するのではなく、私というプロセスがこの宇宙の場において顕現する。








[25476] Re:[25475] 神であって神ではない 投稿者:南方 投稿日:2018/06/14(Thu) 09:45  

> >仏様が言った、無我の境地「私でさえ私のもではない」ということを心底納得します。
> それを納得するには宇宙の因とは一つであることを、これもまた心底納得するまで考える必要があります。
> そうすると自身は神であり、またそうではないことがわかります。
>
> それらを納得できたらキリストの言う「人類皆兄弟姉妹」という言葉か心底納得できるはずです。
>
> ここでいう
> 「私でさえ私でない」
> 「自身は神であって、神ではない」
> とは、どのような意味ですか?
>


思考というものは自然発生するものなので、私という思考さえ私のものではないということです。

その現象というのは、なんといってもいいですがとりあえずここでは神としときますが、それが発生原であり、そういう意味では自身は神ではない。

しかしながら源とつながりその表現として具現化されている現象としては似姿としての神であるということです。

そして、これはあくまで推測ですがその源、神は音の波動であると考えています。それが粗い物質となり宇宙を生成している。その微細な現れとしては思考という形をとっている。こんな風に考えています。




[25475] 神であって神ではない 投稿者:虚無 投稿日:2018/06/14(Thu) 09:21  

>仏様が言った、無我の境地「私でさえ私のもではない」ということを心底納得します。
それを納得するには宇宙の因とは一つであることを、これもまた心底納得するまで考える必要があります。
そうすると自身は神であり、またそうではないことがわかります。

それらを納得できたらキリストの言う「人類皆兄弟姉妹」という言葉か心底納得できるはずです。

ここでいう
「私でさえ私でない」
「自身は神であって、神ではない」
とは、どのような意味ですか?



[25474] 残された生 投稿者:虚無 投稿日:2018/06/14(Thu) 08:13  

>人間の持っている基本的性質はいいところもあります。がしかし、悲しすぎます。
それで責任とかでなく、私は人間として何とかしたいのです。私個人のためでなく。

一体何をされたいんですか?
あなたは救世主として、人類を救いたいのですか?

ちなみに私自身は残された生は、好きなことをして暮らしていきます。何か問題ありますか。

余談ですが、もし世界平和を憂うというなら、一生懸命祈ったらいかがですか?
実際問題、私たちには、それしかできないでしょう。確自それぞれの「生活」があります。
私の知人にそのような人がいます。私は世界平和には関心ありません。身近でさえ小さな問題が起きるのにです。
その身近な人が平和に暮らしていれば、それでいいのではないですか。普通の生活が大事なことです。
幸い身近には、大きなトラブルがあったことはありません。


[25473] Re:[25471] [25470] 二元は錯覚 投稿者:虚無 投稿日:2018/06/14(Thu) 07:51  

> > 以下の話は「祈り」とは関係なかったようです。話が通じませんでした。失礼しました。
>
>
>
> これは大変失礼しました。
> 僕も森本さんのその本は拝読させていただきました。

あっ、その本読んだんですか。失礼しました。

> それで、祈ったところ以下のような奇跡が起きたんです。
>
> >
> > <「どうやったら投影できるの?」と思考に聞いてみたらいいと思います。
> >
> > どうしてですか?
> >
> > <思考って高慢なので、鼻高々に話し出します。
> >
> > どのように話出すのですか?
> >
> > <それを、じっと見ていたらトリックがわかった手品と同じで二度と騙されません。
> >
> > ?
> >
> > <というような感覚でものを言ってます。あくまで感覚です。
> >
>

あなたに実際に起きた体験でしたか。


[25472] Re:[25471] [25470] 二元は錯覚 投稿者:南方 投稿日:2018/06/14(Thu) 04:25  

> > 以下の話は「祈り」とは関係なかったようです。話が通じませんでした。失礼しました。
>
>
>
> これは大変失礼しました。
> 僕も森本さんのその本は拝読させていただきました。
> それで、祈ったところ以下のような奇跡が起きたんです。
>
> >
> > <「どうやったら投影できるの?」と思考に聞いてみたらいいと思います。
> >
> > どうしてですか?


いい忘れましたので付け加えさせていただくと、
皆さん「どうやったら投影をやめられるか?」とは聞くけれども「どうやったら投影できるか」を知らないからです。



> >
> > <思考って高慢なので、鼻高々に話し出します。
> >
> > どのように話出すのですか?
> >
> > <それを、じっと見ていたらトリックがわかった手品と同じで二度と騙されません。
> >
> > ?
> >
> > <というような感覚でものを言ってます。あくまで感覚です。
> >
> > ?
>


[25471] Re:[25470] 二元は錯覚 投稿者:南方 投稿日:2018/06/14(Thu) 04:22  

> 以下の話は「祈り」とは関係なかったようです。話が通じませんでした。失礼しました。



これは大変失礼しました。
僕も森本さんのその本は拝読させていただきました。
それで、祈ったところ以下のような奇跡が起きたんです。

>
> <「どうやったら投影できるの?」と思考に聞いてみたらいいと思います。
>
> どうしてですか?
>
> <思考って高慢なので、鼻高々に話し出します。
>
> どのように話出すのですか?
>
> <それを、じっと見ていたらトリックがわかった手品と同じで二度と騙されません。
>
> ?
>
> <というような感覚でものを言ってます。あくまで感覚です。
>
> ?



[25470] 二元は錯覚 投稿者:虚無 投稿日:2018/06/13(Wed) 23:49  

以下の話は「祈り」とは関係なかったようです。話が通じませんでした。失礼しました。

<「どうやったら投影できるの?」と思考に聞いてみたらいいと思います。

どうしてですか?

<思考って高慢なので、鼻高々に話し出します。

どのように話出すのですか?

<それを、じっと見ていたらトリックがわかった手品と同じで二度と騙されません。



<というような感覚でものを言ってます。あくまで感覚です。



投影をやめるとか、やめられるとか、言われてますが、思考の投影というのは次々と生じるものでしょう。思考想起。それが人間。
その思考を止める手段として、お坊さんのやる勤行とか、キリスト教徒の祈り行法もそれにあたります。他にマントラを唱える。
いわば伝統的な方法、メソッド、カリキュラム。これがないと宗教は商売になりません。いわゆる思考を滅却する法。
しかし普段の私たちは、それらをやる必要はありません。
次次想起する思考を見るだけでいい。現れては消えていくというのが思考の実相であり、その消えていくものに執着することが「迷い」です。心理的時間というのは錯覚であり、「今」しかないというのが現実です。真理というのは瞬時、瞬時、「川の流れ」のようなものです。川の流れを見るように「思考を観る」



[25469] Re:[25467] 祈り 投稿者:南方 投稿日:2018/06/13(Wed) 20:59  

>
> > 祈ったら投影やめられるかも?です。
>
>
> 実は「祈り」は人間と神をつなぐ手段です。
> 次の本によって祈りに対する考え方を改めました。
>
> 本の題名「祈り原理と方法」著者森本武
>
> 解説。
> <実は、考えるより 祈りが力になる>
> 祈りは効かないと思っている人は、願望を口にしているだけだからです。
> 願望は思考でしかないので、物的因果の支配する世界を抜け出せません。
> 思考の作用する波動とは違う念波になりえてこそ、祈りは現実を動かす力となれるのです。
> 正しい祈りの作法を理解し、日々の活動に安心とパワーを持ち込んで下さい。
>
> 著者紹介
>
> 森本 武 (NPO K's Point代表、嵯峨美術大学学長)
> 幼少期の死線をさまよう闘病生活をとおして、人間存在の不思議に目覚め、その後も常に生命の真実相への関心をもって哲学、宗教、インド思想、生命科学などを独学。大学生のときにヨガを独修し、日々瞑想に耽る。大学教員になってKrishnamurti Centre(英国)に研究滞在して以来、クリシュナムルティと本気で向き合う覚悟を決めた。ニャーナヨガとホメオパシーは、英国滞在中に知る。 講演、対話、著作などを通して「不安」の根源的理解を探求している
>
>


「どうやったら投影できるの?」と思考に聞いてみたらいいと思います。
思考って高慢なので、鼻高々に話し出します。

それを、じっと見ていたらトリックがわかった手品と同じで二度と騙されません。

というような感覚でものを言ってます。あくまで感覚です。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso